ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

雑記

三四郞

歴史的仮名遣いの練習の続き。「エ段」の拗長音「キョウ、ショウ、チョウ、……」がこの例文ではたくさん出てきた。以下、二種類の異なるあらわし方をまとめておく。二番目のあらわし方をするのは漢音由来の表記である。第一番目: 妙(めう)に、何疊(でふ)、敎…

若菜集

古本を見ていたら『若菜集』の復刻版があったので買って何ということなしに眺めていた。下の詩『春の歌』なんか「冰」は「氷」で今はあまり使わない漢字だなあ。しかし、「冰」は「氷」の正字だと辞書にある。現在は名詞は「氷」で、動詞は「凍る」を使うの…

文字詞

ロバート・キャンベル編の『Jブンガク』に出てくる『薄雪物語』の一節を読んでから、いつか全部読みたいと思っている。ここに出てくる文字詞は、御はもじ(さ): 恥ずかしい(こと) 御いもじ(さ): いとしい(こと) 御ゆもじ: ゆかしいこと そもじ様: 其方様 御見…

千早振る

先代の柳家小さんの落語『千早振る』は何度聞いても可笑しい。柳家小さん(五代目)千早振る(ちはやふる) - YouTube『伊勢物語』にも出てくるこの和歌は、小学校四年の国語に出てくるので、自分も小学生に暗記してもらったことがある。落語を聞いてもらえ…

受動態

古文を読んでわからなくなることがあるのは、受動表現である。 かかれば、この人々、家に歸りて、ものを思ひ、祈りをし、願を立つ。思ひやむべくもあらず。「さりとも、つひに男婚 (あ) はせざらむやは」と思ひて、賴みをかけたり。あながちに心ざしを見え步…

筒井筒 (2)

よくできていると思うのは、最初の方の女に疑いをもった「をとこ」 が前栽の中に隠れている場面である。ト書きを入れればこうなる。この女、いとよう假粧じて、うちながめて、(をとこの疑い強くなる)風吹けば 沖つ白浪 たつ……(疑いピークに達する)た山 夜半…

筒井筒

『伊勢物語』の二十三段「筒井筒」は高校教材にも取りあげられているテクストである。最近、本居宣長の『玉勝間』を拾い読みしていたら、五の巻「枯野のすゝき」で、この段にある最初のをとこの歌の 筒井つの 井筒にかけし まろがたけ 過ぎにけらしな 妹見ざ…

陥没地帯 (190)

塾で小学校三年生に国語を教えていたら、「夕日が背中を押してくる」の詩が出ていた。この曲は個人的に懐かしいなぁ。小学生のとき女子が合唱コンクールでこの曲を歌ったことを思い出した。YouTube で一緒に曲を聞いた。

陥没地帯 (175)

調和点列について.線分 が点 と によってそれぞれ同じ比で内分, 外分されたとき, つまりのとき, , は を「調和に分ける」と言い, 点 , , , を調和点列という. 調和点列を表わすのに, 記号 あるいは を使うことがある.すぐにわかるように (比の内項を交換すれ…

陥没地帯 (173)

これはややこしいなあ. 点 を中心に点 を角 回転し, 移動した点を とする. さらに点 とは異なる点 を中心に点 を角 回転し, 移動した点を とする. そうすると のとき, 点 から点 への回転の合成は点 を中心に角 回転したものに等しい. ここで 点 は直線 と直…

陥没地帯 (136)

神奈川県公立高校の入試日だったなあ。まだ、問題全部やっていないけれど、理科は最初の 4 題だけ解いてみた。下にあげたのは植物の問題。2 は違うなあ。コケの根のように見えるのは仮根である。シダの地上に出ているのは、みな葉っぱである。茎は横に這う地…

陥没地帯 (134)

夜、塾から帰宅していると、この時期月は出ていないし、空気は澄んでいるし、駅から家に帰るには南西を直進するので、晴れた日には豪華な夜空の星が眼の前に拡がって見えるのがとても美しい。「冬の大三角 (Winter Triangle) *1」や「冬のダイヤモンド (Wint…

陥没地帯 (123)

沈丁花の蕾が紅く色づきはじめたのを見ながら、花が咲く時期を楽しみにしている。塾で物理を教えはじめたときには、下から数えた方が早かった高校二年生の子が、いまは成績上位のクラスに入ったと報告してくれた。時間が経つのは早いなあ。先日はダイオード…

陥没地帯 (112)

藪柑子が出てくる俳句をいろいろと見ていると、岡田史乃という方の 日没は四時三十二分薮柑子 という句もとても面白いなあと思って、日の出、日の入りの時刻をネットで調べていたら、中学の理科とかでは太陽の南中する時刻は (同じ経度で) 一定と習うけれど…

陥没地帯 (93)

神奈川県央に住んでいる自分にとってもっとも身近な自然はなにかといえば、それは「谷戸」に他ならない。近くの泉の森ももともと谷戸だし、座間市の谷戸山公園は名前からしてそうだ。同じ座間市の芹沢公園もそうだ。藤沢市にはたくさんの谷戸が存在する。藤…

陥没地帯 (67)

依然、筒井康隆の『ダンシングオールナイト』。ラジオの「リズムアワー」に流れていたという『アット・ザ ・ジャズバンド・ボール』は、誰の演奏か書いていないけど、なんとなくビックス・バイダーベックだろうと思って念のため調べたらやっぱりそうだった。…

陥没地帯 (38)

私事で恐縮だが、高校の化学は苦手だったなあ。うっすらとした記憶では高校時代にライナス・ポーリングの講演を聴いたことさえあったと思うのだが、「猫に小判」とはこのことで、まるで細部を思い出せない。ライナス・ポーリングの名前は、高校の化学でも「…

歩数データ

在宅勤務の影響が歩行数にどう現れているか、自分のスマートフォンに記録されている 2 月と 3 月の毎日の歩数データを比較してみたりした。5 % の有意水準で F 検定すると、等分散であるという仮説は棄却された (なお、それぞれのデータは、シャピロ・ウィル…

潜在的なものが目覚めるとき

前にもどこかで書いた気がするが、アブダクションとは C. S. パースが「演繹」「帰納」とは異なる次のような推論として導入したものである。:出来事 q がある:仮説 p だったら q を矛盾なく説明できる:だったら仮説 p はいくつも存在しえる解釈のひとつに…

補足

いままでの記事で「等確率バイアス」とか「対称バイアス」といっていたものを補足しておくだけの記事である。知っている人にはきわめて初歩的なものでつまらないと思う。 【問】乳がん検査に参加した 40 代の女性に乳がんがある確率は 1% です。女性がもし乳…

正常化の偏見

退潮期のハリウッド映画では、大作化、ビジュアル化が進み、一時期「パニック・ムービー」と呼ばれるジャンルが盛んに製作されたのは映画史の退屈な復習に過ぎない。あるいは日本の『ゴジラ』(1954) をはじめとする怪獣映画などももしかして関係しているのか…

悦ばしき変化(2)

春の陽気である。今年は静かに花見はできるし、交通機関はすいているし最高だなあ。パンデミックの初期段階で、疾病の治療/予防方法(たとえば、ワクチン)が確立されるまでの間、実行可能な政策的な選択肢というのは誰が考えたところで、感染拡大を抑制、遅…

消毒薬

トイレットペーパーやティッシュとかは論外にしても、消毒薬でも今回のウィルスに対して有効かどうかのエビデンスがなかったり、塩化ベンザルコニウムやグルコン酸クロルヘキシジンのようなノンアルコール系の消毒薬(ノンアルコール系のウェットティッシュ、…

悦ばしき変化

自宅から一番近くにある湧水地——鵠沼海岸で相模湾に注ぐ引地川の源流にあたる——がある泉の森公園を散歩していると、スプリング・エフェメラル (Spring Ephemeral) 、カタクリの蕾が出ていた。以前の記事にも書いたことがあるが、自分は東京オリンピックが終…

マスク

通勤電車の混雑した車内でマスクをしている人がさすがに増えた。マスクの効果については、昔からいろいろと議論があり、手洗いの場合に匹敵するような高度なエビデンスも(自分が知るかぎり)存在していない。そのような予防法をどう見るかは色々な考え方が…

見てられない

今週の休日も座間に行って湧水巡りしながら散歩した。上の写真は龍源院の崖下から湧き出ている水の流れの中にある小さな不動明王像。人はほとんどいないし、水の流れは清らかだし、樹がたくさんあるし、本当にのんびりできるなあ。駅からそれほど遠くないと…

久松留守

いつものことといえばいつものことなので、別に驚くべきことでもなんでもないが、「コロナ」というときならぬ流行を示している単語に感染した記事は、当然ながら面白いものが非常に少ない。しかし、「久松留守」に触れてくれたものが二つほどあった。ただ、…

自分が住んでいる町内には、1940 年から 1980 年ぐらいまで唐木順三が住んでいたらしい。なぜか急行が停まる最寄りの小田急線駅の、東口前にある案内看板にはそう記載されている—— 1940 年に古田晃によって創業された筑摩書房に唐木は臼井吉見、中村光夫とと…

レモン石鹸

インフォデミックを助長するような記事で申し訳ないが、新型だろうがそうでなかろうが感染症予防の基本として高度なエビデンスが存在しているのは手洗いであり、統計データはともかく、そんなこと小学生のときに習わなかったのかなあと思っていたら、バング…

Una Mae Carlisle

藤沢駅から長谷の大仏に向かって32号沿いを散歩していたときに、Fats Waller の “I Can’t Give You Anything But Love” を聞いた。1939 年の録音である。Fats Waller - I Can't Give You Anything But Love女性歌手は、ユナ・メイ・カーライル (Una Mae Carl…