ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

雑記

陥没地帯 (55)

滅多にテレビは見ないけれど、「クローズアップ現代+」は録画を見た。カンアオイを見つけた。そっと根元を見ると、花があった。もしかしたら実なのかもしれない。前川文夫さんが書かれた『植物入門』にある「1 万年で 1 キロ」には、洪積世 (100万年) より少…

陥没地帯 (54)

ナツエビネ。9 月下旬だが咲いていた。神奈川県では絶滅危惧 1A である。 ツリフネソウが咲き揃ってきた。 これは、ユウガギクではないかと思った。最近のテーマ音楽は文部省唱歌 「野菊」である。もっとも二番の歌詞しか覚えていない。この国民学校第三学年…

陥没地帯 (53)

キキョウは終わりかけだと思っていたらまだ綺麗に咲いていたのでまた撮った。 お彼岸なのでおはぎでも食べようと思って、折角食べるのだから中国から輸入している加糖餡を使ったものは味気ないなあと思って和菓子屋さんで粒餡のものを買った。「おはぎ」と「…

陥没地帯 (52)

秋の装いになったベニシジミが野菊 (カントウヨメナだと思う) の筒状花から筒状花へと順繰りに蜜を吸っている。 カントウヨメナだと思う。 ユウガギクだと思う。 シロヨメナ。 ネコハギ。葉に毛がある。 ヤマニガナ。もう花は最後ぐらいだった。 ウド。「う…

陥没地帯 (51)

キカラスウリの雌花。雌雄異株である。雌花は蕾の段階から子房が目立つ (写真では見えない)。ポリネーターはカラスウリと同じくスズメガだそうである。塊根には大量のデンプンを蓄積して、「天花 (瓜) 粉」の原料だったらしい。いまならベビーパウダーという…

陥没地帯 (50)

この辺りに自生する野菊としては、すでに取りあげたユウガギクとカントウヨメナ以外に、ノコンギク、シロヨメナ、シラヤマギクがある。もっとも、相模川の河原にはカワラノギク (絶滅危惧種) が、江の島にはハマコンギクがあるのだから、「この辺り」はあく…

陥没地帯 (49)

前回に引き続き、それではカントウヨメナと思われるものはないか、カワセミがきていた水辺をもう一度探したら、もしかしたらそうかもしれないと思うものがあった。舌状花の色が紫がかっているのはユウガギクにも数は多くないが希というほどではなく存在する…

陥没地帯 (48)

この前の野菊をもう一度見てみたがカントウヨメナ (または ヨメナ) かユウガギクのどちらかだということはわかった。たぶんユウガギクだと思う。理由は最長の側枝が 20 cm 以上の個体が多いということである。区別するためにあれこれ観察したり考えたりして…

陥没地帯 (47)

またもヤマホトトギスを見つけた。今度は花糸に紫斑がある。写真は撮らなかったが別の場所で、もう一つヤマホトトギスを見た。そちらは花糸に紫斑がなかった。 アオツヅラフジ (カミエビ)。念のため断っておくと有毒とされている。 オトコエシ。 タイアザミ…

陥没地帯 (46)

小津安二郎監督が『お茶漬けの味』(1952) の頃から晩年まで暮らした家が近くにあったという北鎌倉の浄智寺から長谷まで山道を散歩した。ハグロソウ。花弁は二枚しかないように見えるが、きっと癒合しているんだろう。 ムラサキニガナ。毛があるのでケムラサ…

陥没地帯 (45)

シロバナマンジュシャゲ。 クズ (葛) の花をもう一度。 花が咲いていなくて大変残念だが、キレンゲショウマ。地面を見ると、暑さのためか開かないで蕾のまま落ちているように見受けられる。京都大学の植物分類学の初代教授である小泉源一氏が名付けた「ソハ…

陥没地帯 (44)

また、ヤマホトトギスらしき植物をみつけた。前回と違って、今回は群落ができていた。ヤマホトトギスとヤマジノホトトギスの違いは依然よくわからないが、これもヤマホトトギスだと思う。一番混乱する記述は、ヤマホトトギスは花糸に紫斑があるとしているこ…

陥没地帯 (43)

ホトトギス。漢字は「杜鵑草」で、うっかり「杜鵑花」と書くとツツジの「サツキ」のことになってしまう。「杜鵑花」の方はホトトギスが鳴くころ咲くのでこうあてるそうだ。こちらの「杜鵑草」は、模様がホトトギスに似ているから。なお、英語名は "toad lily…

陥没地帯 (42)

トケイソウ。 ハナシュクシャ (ジンジャー・リリー)。とても良い香りがする。 シュウメイギク。 ヤブツルアズキの方だと思う。龍骨弁が渦を巻く不思議な構造の花である。 フジカンゾウ。 ヤマハギ。写真ではちょっと分かりにくいが、翼弁が龍骨弁よりも短い…

陥没地帯 (41)

ホトトギスの名前はよくわからない。ヤマホトトギスということにしておこう。 これはタイワンホトトギスにしておこう。 オクラの花。アオイ科だけあって木槿や芙蓉やハイビスカスの花に似る。 ヒヨドリバナ。 センニンソウ。 アレチヌスビトハギ。 クズ。 ヒ…

陥没地帯 (40)

フヨウ。 ハイビスカス。 クサギ。 ガガイモにしては花の色が白い。調べたら、シロバナガガイモというらしい。 ノブキ。 ケイトウ。昨日、陶芸家と子規の話もしたので子規の有名な句を思い出した。そういえば、あと二週間足らずで糸瓜忌である。 ジュズダマ…

陥没地帯 (39)

久しぶりに座間の陶芸家のところへ遊びに行った。クーラーはないけれど、柱にかかっている寒暖計は 28 度を指していて、たぶん 30 〜 40 年前のナショナルの扇風機が回っているだけで充分暑さを凌げる。陶芸のことをいろいろお聞きした。陶土だけでなく磁土…

陥没地帯 (38)

私事で恐縮だが、高校の化学は苦手だったなあ。うっすらとした記憶では高校時代にライナス・ポーリングの講演を聴いたことさえあったと思うのだが、「猫に小判」とはこのことで、まるで細部を思い出せない。ライナス・ポーリングの名前は、高校の化学でも「…

陥没地帯 (37)

なんか忙しいので、ブログの更新をやめてしまったが、少し時間の余裕ができたので何か書いてみることにする。塾で高校生に物理を教えていることはすでに書いたが、定期試験対策のために力学のおさらいをしていて気がついたのは、相変わらず「慣性力」にまつ…

陥没地帯 (36)

小学校の算数も教えることになりそうなのでいろいろと問題をみていたら、「比」というのをうまく使うことが算数では必要なケースが多いということがわかった。たとえば、「逆比」の考え方を使えば以前の記事 (6・13) で紹介した神奈川県公立高校の2019年入試…

陥没地帯 (35)

高校の物理で電磁気を少し教えてみてわかったのだが、そもそも一番最初の静電場のところの電場と電位のところでつまずく。そのつまづき方っていうのは、よく解説される近接作用と遠隔作用とかいうようなところではまったくないように感じる。まずクーロン力…

陥没地帯 (34)

高校の物理をものすごく久しぶりにひととおりやって懐かしかった。高校物理の範囲だとアプリオリに認めなければいけないことがいくつかあるなあ。たとえば、屈折率の小さい方から大きい方に向かう光が境界面で反射するときには位相が ずれるというようなこと…

陥没地帯 (33)

中学 3 年の理科で星 (恒星)や太陽を地球から見たときの動き方を習うが、大人になってさえ基本的な動き方を理解していない人が多いのはなぜだろうと考えた。自分が思うに、太陽を除く恒星の見かけの動きと太陽の見かけの動きの違いが不十分にしか理解されて…

陥没地帯 (32)

バラ。ウイリー沖山さんが亡くなられたことを知って『山の人気者』を聞いた。ウィリー沖山 アルペン・ミルクマン 1959 / Alpine Milkman中野忠晴とコロムビア リズムボーイズ - 山の人氣者【問】 を素数、 を互いに素な正の整数とするとき、は、実数でないこ…

陥没地帯 (31)

オミナエシ。秋の七草のひとつだが、こんな頃からもう咲き始めるんだなあ。これは自生しているものだと信じたいが、もうこの辺の山野で自生している姿を普通に見かけるのは難しいのではないかと思う。ユリ。コムラサキ。ハゼラン。モモイロカイウ。まだ色が…

陥没地帯 (30)

フウセントウワタの実。道端で見つけた。花はこんなである。ヒャクジツコウ (百日紅)。木肌からサルスベリともいわれるが、夏椿なんかも同じような木肌をしているので、やはりサルスベリと呼ばれることがある。ハナウリクサ (トレニア)。ハナウリは「花売り…

陥没地帯 (29)

グラジオラス。ヤマモモの実。ゲラニウム。ヤグルマカッコウ。タイマツバナ、ヤグルマハッカ、ベルガモット、ビーバーム、モナルダなどとそれぞれ好きなように呼んでいるなあ。スイレン。八重のムクゲ (木槿)。槿花と書くとキンカと読む。なお槿花は朝顔を指…

陥没地帯 (28)

サクユリ。伊豆半島と伊豆諸島に自生する、原種としては世界最大の百合。ヤマユリ。日本を代表する花のひとつだと思うんだが、最近あまり見かけなくなった気がする。ユリ。【問】 を素数、 を正の整数とするとき, は で何回割り切れるか。【解】 の内、素数 …

陥没地帯 (27)

ヤブミョウガ。タマアジサイの蕾がだいぶ大きくなってきた。コマツヨイグサ。 【問】 のすべての約数の個数、和、積を求めよ。【解】 だから、約数すべての個数は約数すべての和は、約数すべての積は、約数を とすれば、から、なので、 //

陥没地帯 (26)

ホンアマリリス。ヒメオウギスイセン。 【問】 と を互いに素、すなわち 以外の公約数をもたない正の整数とし、さらに は奇数とする。正の整数 に対して整数 , をを満たすように定めるとき、次の を示せ。ただし、 が無理数であることは証明なしに用いてよい…