ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

歩数データ

在宅勤務の影響が歩行数にどう現れているか、自分のスマートフォンに記録されている 2 月と 3 月の毎日の歩数データを比較してみたりした。5 % の有意水準で F 検定すると、等分散であるという仮説は棄却された (なお、それぞれのデータは、シャピロ・ウィル…

春雪

昨日は近くの芹沢公園とその周辺を散歩した。養蜂場があるのを見つけた。家で仕事をするとどうしても歩く機会が少なくなってしまうし、もともと人だかりのするところなどわざわざ歩きたいと思わない。いまの季節だったら土手の菫とか土筆とかを見たり、鶯が…

すみれの花咲く頃

小田急線の玉川学園前駅から歩いて町田市の薬師池公園へ行った。そうしたら、またカタクリ (学名: Erythronium japonicum ) を見つけて嬉しくなった。神奈川県では絶滅危惧 1B、東京都は西多摩では準絶滅危惧だがその他の地域では絶滅危惧 ll 類である。本来…

堅香子

この間、近所にある「泉の森」で蕾が出ていたのを見かけたカタクリが、春分の日の今日、ふたたび行くと開花していた。大伴家持が井戸で水を汲む乙女たちに託して詠んだ気持ちもよくわかる可憐な春の妖精の姿であった。というわけで、ザ・ピーナッツの『乙女…

潜在的なものが目覚めるとき

前にもどこかで書いた気がするが、アブダクションとは C. S. パースが「演繹」「帰納」とは異なる次のような推論として導入したものである。:出来事 q がある:仮説 p だったら q を矛盾なく説明できる:だったら仮説 p はいくつも存在しえる解釈のひとつに…

補足

いままでの記事で「等確率バイアス」とか「対称バイアス」といっていたものを補足しておくだけの記事である。知っている人にはきわめて初歩的なものでつまらないと思う。 【問】乳がん検査に参加した 40 代の女性に乳がんがある確率は 1% です。女性がもし乳…

正常化の偏見

退潮期のハリウッド映画では、大作化、ビジュアル化が進み、一時期「パニック・ムービー」と呼ばれるジャンルが盛んに製作されたのは映画史の退屈な復習に過ぎない。あるいは日本の『ゴジラ』をはじめとする怪獣映画などももしかして関係しているのかもしれ…

悦ばしき変化(2)

春の陽気である。今年は静かに花見はできるし、交通機関はすいているし最高だなあ。パンデミックの初期段階で、疾病の治療/予防方法(たとえば、ワクチン)が確立されるまでの間、実行可能な政策的な選択肢というのは誰が考えたところで、感染拡大を抑制、遅…

消毒薬

トイレットペーパーやティッシュとかは論外にしても、消毒薬でも今回のウィルスに対して有効かどうかのエビデンスがなかったり、塩化ベンザルコニウムやグルコン酸クロルヘキシジンのようなノンアルコール系の消毒薬(ノンアルコール系のウェットティッシュ、…

悦ばしき変化

自宅から一番近くにある湧水地——鵠沼海岸で相模湾に注ぐ引地川の源流にあたる——がある泉の森公園を散歩していると、スプリング・エフェメラル (Spring Ephemeral) 、カタクリの蕾が出ていた。以前の記事にも書いたことがあるが、自分は東京オリンピックが終…

マスク

通勤電車の混雑した車内でマスクをしている人がさすがに増えた。マスクの効果については、昔からいろいろと議論があり、手洗いの場合に匹敵するような高度なエビデンスも(自分が知るかぎり)存在していない。そのような予防法をどう見るかは色々な考え方が…

見てられない

今週の休日も座間に行って湧水巡りしながら散歩した。上の写真は龍源院の崖下から湧き出ている水の流れの中にある小さな不動明王像。人はほとんどいないし、水の流れは清らかだし、樹がたくさんあるし、本当にのんびりできるなあ。駅からそれほど遠くないと…

久松留守

いつものことといえばいつものことなので、別に驚くべきことでもなんでもないが、「コロナ」というときならぬ流行を示している単語に感染した記事は、当然ながら面白いものが非常に少ない。しかし、「久松留守」に触れてくれたものが二つほどあった。ただ、…

自分が住んでいる町内には、1940 年から 1980 年ぐらいまで唐木順三が住んでいたらしい。なぜか急行が停まる最寄りの小田急線駅の、東口前にある案内看板にはそう記載されている—— 1940 年に古田晃によって創業された筑摩書房に唐木は臼井吉見、中村光夫とと…

I Ain’t Got Nothing But the Blues

“ I Ain’t Got Nothing But the Blues” の作曲はデューク・エリントンで下の演奏は1944年の録音だと思う。Duke Ellington - I Ain't Got Nothing But The Blues歌っている男性歌手は盲目のアル・ヒブラー。もちろん、20 世紀を代表するといってよいポピュラ…

おまえは歌うな おまえは赤ままの花やとんぼの羽根を歌うな風のささやきや女の髪の毛の匂いを歌うなすべてのひよわなものすべてのうそうそとしたものすべてのものうげなものを撥(はじ)き去れすべての風情を擯席(ひんせき)せよ もっぱら正直のところを 腹…

The Boy in the Boat

近所の散歩ばかりだと飽きるので、土曜日は平塚から橋を歩いて相模川を渡って茅ヶ崎まで散歩した。白い富士山が綺麗であった。歩きながら聞いた演奏に Charlie Johnson 楽団の “The Boy in the Boat” があった。Jimmy Harrison (トロンボーン) とSidney De P…

対談

中野重治を論じたものについては、柄谷行人と大江健三郎の対話(『大江健三郎柄谷行人全対話 世界と日本と日本人』)が抜群に面白かった。ポストモダンなんて軽薄な言葉は中野重治にはまったく似合わないけど、中野重治によってポストモダンというのは、ようや…

梨の花 (2)

志賀直哉の『暗夜行路』にある「サモア」と「アルマ」の無償の運動にはやや劣ると思うが、中野重治の『梨の花』の冒頭にある広告看板を主題連携させるところは面白い。小学生になった良平が、町の高瀬屋(酒屋であることが後の文章からわかる)から一升徳利を…

浦島太郎

中野重治が23歳、1925年 (大正14年) の詩に「浦島太郎」というのがある。 今宵は雨がふってついそこの家ではまた蓄音器をはじめた童女がはかなげな声をはりあげて「浦島太郎」をうたうのだ浦島太郎は亀にのり……乙姫様のお気に入り……しらがのじじいとなりにけ…

梨の花

現在の日本において普通にできるもっとも豊かな体験とはなにか?まさか、それがネット検索であろうはずもない。それをひとつだけ具体的に提示するならば、中野重治の『梨の花』を読むことだろう。もちろん、ここで「読む」とは、あの次に何が起きるかをさも…

レモン石鹸

インフォデミックを助長するような記事で申し訳ないが、新型だろうがそうでなかろうが感染症予防の基本として高度なエビデンスが存在しているのは手洗いであり、統計データはともかく、そんなこと小学生のときに習わなかったのかなあと思っていたら、バング…

Rex Stewart

デューク・エリントン楽団時代の演奏を何曲か聞く。 1936: Lazy Man’s Shuffle Duke Ellington & His Orchestra - Lazy Man's Shuffle (1936) 1938:Boy Meets HornDuke Ellington & His Orchestra - Boy Meets Horn - 19381938: Braggin’ in BrassDuke Elli…

Una Mae Carlisle

藤沢駅から長谷の大仏に向かって32号沿いを散歩していたときに、Fats Waller の “I Can’t Give You Anything But Love” を聞いた。1939 年の録音である。Fats Waller - I Can't Give You Anything But Love女性歌手は、ユナ・メイ・カーライル (Una Mae Carl…

Two Sleepy People

休日、鵠沼海岸から茅ヶ崎海岸までファッツ・ウォーラーを聴きながら散歩していた。“Two Sleepy People" という曲は、愛し合って睡れないカップルが睡るために結婚したけれども、やっぱり睡れないという他愛もない内容の曲だが、ホーギー・カーマイケルの作…

Jump for Joy

最近、散歩しながらいつも聞いているのがエリントン楽団の "Never No Lament" なんだが、この 4 時間近くあるアルバムを多分死ぬまで聞き続けるのだろう。今日は "Jump for Joy" の Herb Jeffries が歌っている方の 1941 年のテイクを聴いているとなぜか涙が…

ああ、そうか (2)

発音とか聞き取りやっていると、ベトナム語だけでなく、いろいろなことに気がつくなぁ。今度は、日本語の五十音図で「あかさたなはまやらわ」と言ってみたら「や」だけ「あ」の発音が違う。この「あ」は英語の /æ/ で通用する。ベトナム語の ư は /ɯ/ だとす…

ああ、そうか

"Chênh Vênh" のベトナム語の発音で最後の鼻音は /ɲ/ であるが、その子音の前に渡り音のような /i/ が入っている。この子音の聞き取り (/n/ との区別) が難しいと思っていたら、それは日本語訛りのせいだと気がついた。「なにぬねの」と自分で言ってみると「…

母音図

言語によって母音をいくつ区別するかは、本来連続スペクトルである虹の色を 3 色に分けるか、7 色に分けるかのようなものである。ベトナム語では、日本語の「え」に相当する母音として /e/ と /ɛ/ を区別し、「お」に相当する母音として /o/ と /ɔ/ を弁別す…

待ち遠しい

蓮實さんの『ジョン・フォード論』(序章) が明日発売の「文學界」に遂に発表される。さすがに待ち遠しい。手持ちのフォード作品の DVD の中から全部ではないが、30 本程は見直したばかりなので、読むための準備はある程度したつもり。ベトナム語の音に慣れる…