ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

小説

対髑髏 (全)

對髑髏 蝸牛露伴作 (一) 旅に道連れの味は知らねど 世は情けある女の事〳〵但しどこやらに怖い所あり難い所我元來洒落といふ事を知らず數寄と唱ふる者にもあらで唯ふら〳〵と五尺の殼を負ふ蝸牛(でゞむし)の浮かれ心止み難く東西南北に這ひまはりて覺束なき…

武藏野 (6)

(八)自分は以上の所說に少しの異存もない。殊に東京市の町外れを題目とせよとの注意は頗る同意であつて、自分も兼ねて思付いて居た事である。町外れを「武藏野」の一部に入れるといへば、少し可笑しく聞こえるが、實は不思議はないので、海を描くに波打ち際…

武藏野 (5)

(六)今より三年前の夏のことであつた。自分は或友と市中の寓居を出でゝ三崎町の停車場から境まで乘り、其處で下りて北へ眞直に四五丁ゆくと櫻橋といふ小さな橋がある、それを渡ると一軒の掛茶屋がある、この茶屋の婆さんが自分に向つて、「今時分、何にしに…

武藏野 (4)

(五)自分の朋友が嘗て其鄕里から寄せた手紙の中に「此間も一人夕方に萱原を步みて考へ申候、此野の中に縱橫に通ぜる十數の徑の上を何百年の昔より此かた朝の露さやけしといひては出で、夕の雲花やかなりといひてはあこがれ、何百人のあはれ知る人や逍遙しつ…

武藏野 (3)

(四) 十月二十五日の記に、野(• )を步み林を訪ふと書き、又十一月四日の記には、夕暮に獨り風吹く野(• )に立てばと書いてある。そこで自分は今一度ツルゲーネフを引く。「自分はたちどまつた、花束を拾ひ上げた、そして林を去つて(﹅﹅﹅﹅﹅)のら(◦◦)へ出た…

武藏野 (2)

(三)昔の武藏野は萱原(かやはら)のはてなき光景を以て絕類の美を鳴らして居たやうに言ひ傳へてあるが、今の武藏野は林である。林は實に今の武藏野の特色といつても宜い。卽ち木は主に楢(なら)の類(たぐひ)で冬は悉く落葉し、春は滴る計りの新綠萠え出づる、…

武藏野

武藏野 國木田獨步 (一)「武藏野の俤(おもかげ)は今纔(わづか)に入間郡(いるまごほり)に殘れり」と自分は文政年間に出來た地圖で見た事がある。そして其地圖に入間郡(いるまごほり)「小手指原(こてさしはら)久米川は古戰場なり、太平記元弘三年五月十一日源…

セロ彈きのゴーシュ

歴史的仮名遣いの練習。(字音仮名遣いは別として)「じ/ぢ」「ず/づ」、現代発音の「わ」「い」「う」「え」「お」の文字またはその前の文字が変わることがあるだけなのだが、なかなか自然にできるようにならない。手近に歴史的仮名遣いの『セロ彈きのゴーシ…

自分が住んでいる町内には、1940 年から 1980 年ぐらいまで唐木順三が住んでいたらしい。なぜか急行が停まる最寄りの小田急線駅の、東口前にある案内看板にはそう記載されている—— 1940 年に古田晃によって創業された筑摩書房に唐木は臼井吉見、中村光夫とと…

The Boy in the Boat

近所の散歩ばかりだと飽きるので、土曜日は平塚から橋を歩いて相模川を渡って茅ヶ崎まで散歩した。白い富士山が綺麗であった。歩きながら聞いた演奏に Charlie Johnson 楽団の “The Boy in the Boat” があった。Jimmy Harrison (トロンボーン) とSidney De P…

対談

中野重治を論じたものについては、柄谷行人と大江健三郎の対話 『大江健三郎柄谷行人全対話 世界と日本と日本人』が抜群に面白かった。ポストモダンなんて軽薄な言葉は中野重治にはまったく似合わないけど、中野重治によってポストモダンというのは、ようや…

梨の花 (2)

志賀直哉の『暗夜行路』にある「サモア」と「アルマ」の無償の運動にはやや劣ると思うが、中野重治の『梨の花』の冒頭にある広告看板を主題連携させるところは面白い。小学生になった良平が、町の高瀬屋(酒屋であることが後の文章からわかる)から一升徳利を…

浦島太郎

中野重治が 23 歳、1925 年 (大正 14 年) の詩に「浦島太郎」というのがある。 今宵は雨がふつてつひそこの家ではまた蓄音器をはじめた童女がはかなげな聲をはりあげて「浦島太郞」をうたふのだ浦島太郞は龜にのり……乙姫樣のお氣に入り……しらがのぢゞいとな…

梨の花

現在の日本において普通にできるもっとも豊かな体験とはなにか?まさか、それがネット検索であろうはずもない。それをひとつだけ具体的に提示するならば、中野重治の『梨の花』を読むことだろう。もちろん、ここで「読む」とは、あの次に何が起きるかをさも…

時をかける少女

『未来からきた少年 スーパージェッター』は、1965 年 1 月から 1966 年 1 月までテレビ放映されたアニメーションだが、脚本の一人として筒井康隆が参加している。いっぽう、筒井のジュブナイル小説『時をかける少女』は、学研の学習雑誌「中三コース」の196…

若い人 (2)

気になったので絶版になっている新潮文庫の古本を手に入れてみたのだが、 —— 次の夜、彼らは肉体でお互いの愛情を誓い合った。 となっていて、宮本百合子の引用には「肉体で」が欠落しているということがわかった。これは宮本百合子が引用する際に意識的に、…

若い人

混雑した通勤電車での不快さが更に募らされるときがあって、多くの場合そうさせているのは、いつの頃からかは覚えていないが車両の中に掲示されている書籍の広告である。 その電車の広告たちが紹介しているそれぞれの本は、ただの一度たりともそれを眺めてい…

The Love Nest / Ain’t We Got Fun

"The Great Gatsby" の第五章から。 When Klipspringer had played The Love Nest he turned around on the bench and searched unhappily for Gatsby in the gloom. “I’m all out of practice, you see. I told you I couldn’t play. I’m all out of prac —…

The Sheik of Araby

“The Great Gatsby” の第四章から。 When Jordan Baker had finished telling all this we had left the Plaza for half an hour and were driving in a victoria through Central Park. The sun had gone down behind the tall apartments of the movie sta…

Gilda Gray

F・スコット・フィッツジェラルドの小説 “The Great Gatsby” (1925) の第三章は、Gatsby の家の庭で開かれるパーティの場面であり、そこでは小説の語り手である Nick が初めて Gatsby と声を交わすという物語の展開とともに、第二章の Doctor T. J. Ecklebur…

ボヴァリー夫人

『「ボヴァリー夫人」論』(蓮實重彥, 2014) を読みながら、ギュスターヴ・フローベールの『ボヴァリー夫人』(Madame Bovary, 1857) のほんの一部を訳した。これ以上は訳すことはないと思うので、整理して以下の記事にしておく。 エンマの「美しさ」は、「美…

散文的想像力と韻文的想像力

ボードレールには、「女性の髪」を主題にした散文詩と韻文詩がある。その「主題」操作がまったく異なっていておもしろいと思う。 まず韻文の方を先に取り上げると、主題である「髪」は隠喩的に別のもの(「おまえの深淵」「芳香の森」「黒檀の海」「黒い海原…

乳と卵

年末に本の片付けをしていたら、文庫本が出てきたので、久しぶりに読み直した。 作品の中に出てくる「細部」はそれそのものを表現していると同時に、それとは異なる何かを想起させることがある。この作品でいえば、巻子が緑子の頭についた玉子を拭ってやるた…

おもしろい (完)

新聞を読まなくなって久しいが、ちょっと前に昼メシを食べに店に入ったら、テーブルに新聞が置いてあり、何とはなしに新井紀子さんが書いたものが目に留まったので読んでしまった。その内容は既にどこかで読んだものと大差なかった。 その真偽はよく分からな…

おもしろい (8)

『三四郞』の演芸会の場面では、シェークスピアの『ハムレット』が上演されているわけだが、その演芸会が終わって三四郎が下宿に帰った夜の出来事が次のように書かれている。 夜半から降り出した。三四郞は床の中で、雨の音を聞きながら、尼寺へ行けといふ一…

おもしろい(7)

夏目漱石の『三四郞』が、「水」抜きでは語れないぐらいのことは今や周知の事実であり、それをここに繰り返すのはジャイアント・パンダを「かわいい」と誰もが芸もなく繰り返すぐらい醜悪なことだと思いつつも、「主題論」と「説話論」の連携がここまで完璧…

おもしろい (5)

すでに記事として一度取りあげた一葉の『十三夜』をもう一度ごく簡単にとりあげてみる。「上」「下」二部から構成されているこの小説の語りにおいて、「お関」と「録之助」という幼なじみの二人の間にある明白なテクスト上の「類似」が見られることで、この…

おもしろい (4)

もっと端的な例だと、「光」が主題となって物語の語りを分節する場合には、「光」の表情の変化が様々に記述される。森鷗外の「舞姫」を例にとってみる。 物語は、主人公の豊太郎が船に乗って日本へと向かう帰路、船がサイゴンに寄港した場面から始まっており…

おもしろい (3)

前回の記事であげた「主題」において発現する機能とは、もっとも一般的に言えば物語の語りを分節することである。ここで注意しないといけないのは、短編小説の場合は特にそうなのだが、まったく同じ「主題」が単調に繰り返される例は寧ろ希であり、「主題」…

おもしろい(2)

説話論と主題論の実例。 正岡子規には『わが幼時の美感』という文章があって、下はその冒頭部分を引用したものである。 極めて幼き時の美はたゞ色にありて形にあらず、まして位置、配合、技術などそのほかの高尙なる複雜なる美は固より解すべくもあらず。そ…