ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

対髑髏 (2) 幸田露伴

(二)

  • 色仕掛生命(いのち)危ふき鬼一口(ひとくち)*1
  • 逃げてまはりし臆病もの
  • 仔細うけたまはれば仔細なき事

年は今色の盛り、春の花咲き亂れたる(やう)に美しき婦人(をんな)と一ツ屋の(うち)に居るさへ、我柳下惠(りうかけい)*2に及ぶべくもあらぬ身の氣味惡し。(しか)しながら何千萬人浮世男(うきよをとこ)口喧(くちやかま)しく我を(のゝし)り責むるとも、鐵牛(てつぎう)角上(かくじやう)の蚊*3ほどにも思はぬ瘦我慢(やせがまん)の强ければこそ此()(とゞ)まりて此女とさしむかひに(めし)もたべたれ談話(はなし)も仕たれ。(もと)より人間の批判取沙汰(とりさた)何とも思はざる我も、天道(てんだう)の見る前に山中(やまなか)ならばとて見ず知らずの女と同衾(ひとつね)する事(はづ)かし。否々(いな〳〵)同衾する事少しも羞かしからぬにせよ、其柔らかき肌近く、(わづか)衣服(きもの)幾重(いくへ)かを隔てゝ、身の內の溫暖(あたゝか)みの互に通ふまで密接合(くつゝきあ)ひて我眠らるべきにあらず。共に寐よとの言葉かけられし(だけ)にてさへ身內(わなゝ)(ふる)へ、我舌(たちま)ち乾き、我心かきむしらるゝ如く、幾年の修行少しの役にたゝず、もだ〳〵と上氣(じやうき)して今遏慾(かつよく)の文一通(ひととほ)り口の(うち)に唱へ(をは)りしまでは思慮分別の湧く間なく、正直の所は胸の(うち)に一點の主意(しゆい)*4なくなり、婆子燒庵(ばしせうあん)の公案*5ひねくりし昔時(むかし)のやうにはあらざりし。(まして)や此美しき婦人(をんな)(とが)め手の無きかゝる山奧の庵中(あんちゆう)に眠らば中々(なか〳〵)以て、枯木寒岩(こぼくかんがん)()三冬暖氣(さんとうだんき)なしといふ工合に意を(をさ)めて寂然(じやくねん)と濟まし居らるべしとは思へず、美人今夜()し我に約さば枯楊(こやう)春老いて更に(ひこばえ)を生ぜん*6とは紫野(むらさきの)*7大德(だいとこ)一休(いつきう)樣さへ白狀されし眞實の所、大俗(だいぞく)の我等賢人顏(けんじんがほ)したりとて(あやふ)(かな)〳〵、婦女(をんな)()ぬ山蔭ならば羅漢(らかん)*8(ひと)しく悟り(きつ)ても居らるべし、白い(すね)見ては(つう)を得し仙人でも雲の(うてな)踏外(ふみはづ)して落ちたる話あり*9(もし)久米殿(くめどの)其女と同衾(ひとつね)したら多分は底の無い地獄の奧深く墮落せん事必定(ひつぢやう)なり。我今此美しく心(やさ)しげな女と一つ抱卷(かいまき)掛けて枕をならべ仔細なく一夜を明さんとするとも。背中合(せなかあは)せでは肩寒し、山里の夜風透間(すきま)洩りて一しほ寒ければと我肩に夜着(よぎ)(しな)よく着せ掛けて。此方(こち)お向きなされそれでは兩人(ふたり)の間に風が()りてと云はれては愈々(いよ〳〵)むづかし。あの(しな)やかなる(びん)の毛我頬(わがほゝ)()でゝ、花のやうな顏(わが)鼻の先にありては尙々(なほ〳〵)むづかし。玉の(かひな)何處(いづく)にか置きなん、乳首何處(どこ)にか去らん、(さて)愈々(いよ〳〵)大事なり、女猫(めねこ)(だい)て寐しと同じ心にて我眠らるべきか。(しツ)()しや夜着の(うち)人の見ぬ所、身動きに衣引(きぬひき)まくれて肉置程良(しゝおきほどよ)き女の足先(あしさき)腿後(ふくらはぎ)など我毛臑(けずね)()らば是こそ。(かツ)生死一機(しやうしいつき)に迫る一大事。素より道力堅固(だうりきけんご)ならず、戒行(かいぎやう)常に破れ()る凡夫の我、あさましき心は起さゞるにもせよ長閑(のどか)なる夢は結び難し、且は此女眞實(まこと)に人間か狐狸か、先程よりの處置一々(いち〳〵)合點ゆかず。よしや狐狸にもせよ妖怪にもせよ、人間の形をなし、人間の言葉を(まじ)ふる上は人間と見るは至當(したう)、其人間と共に眠らん事人間の道理にあるまじき事なり。人間普通の道理にあるまじき事を(はぢ)らふ樣子もなく我に(せま)る女め。妖怪と見るも又至當なり、妖怪に向つて我何をか言はん。小人(せうじん)は謹愼の禮を以て來り惡魔は親切の(じやう)を以て(いざな)ふ。(さて)こそ〳〵ござんなれ惡魔め、 鐵拳(てつけん)模糊( もこ)たる人情を(そん)せず眞向より(うつ)(おろ)して露伴が力量の恐ろしさを知らせ吳れんか。(あゝ)それも賴み薄し、我不動明王(ふどうみやうわう)ほどの强き者にもあらねど、魔は(かへ)つて梵天(ぼんてん)を攻めし摩醯修羅(まけいしゆら)*10の力を(もて)るかも知れず、毛を吹き(きず)を求め草を(うつ)て蛇に會ふは(つたな)き上の拙き事ぞかし。如何に答へん何と(なさ)ん、アヽ思ひ付いたり、昔時(むかし)芭蕉(ばせう)も女に袖を捉へられし事あるに彼默然(もくねん)として動かず、女(つひ)に去らんとする時芭蕉(かへ)つて女の(たもと)を捉へ、こちら向け我も淋しき秋の暮と一句の引導(いんだう)渡せしよし小耳に挾んで聞覺(きゝおぼ)えたり*11、我又、()し〳〵芭蕉をまなんで默然たらん(ばか)りと漸く一心(いつしん)を決し、胸中には九想(きうさう)(くわん)*12を凝らしながら乾坤(けんこん)坐斷(ざだん)する勢ひ(たくま)しく兀然(ごつねん)坐着(ざちやく)すれば、女はもどかしがりて握りし手を尙强く握りしめ。サア露伴樣何考へて()らるゝ此方(こち)へ〳〵と引立(ひきた)つる。引かれじ〳〵南無三(なむさん)引かれてはと滿身力を()むれば。此方へ〳〵サア此方へござんせ、さりとては頑固(かたくな)な御方、山に浮かれ水に浮かれたまふ氣輕には似ぬ尻の重さと戲言(ざれごと)云ひつ尙引立(ひきた)つる。大事々々、此妖魔めに一步を(てん)ぜられては一步地獄に近づくと齒を()(しば)り身を堅くするに尙悠然と女は引く。引かれじと張る力弱くよろ〳〵と引立(ひきた)てられて最早(かな)はず、ワツと叫びて手を振りはらひ逃出(にげだ)せば女追ひ(すが)りて我(たもと)をとらへ、ホヽと笑ひながら。(さて)(わたくし)妖怪變化(えうくわいへんげ)の者かと思はれて夫程(それほど)までに厭がらるゝなるべし、ホヽホヽ今少し(きも)太く心强きお方ならんと存じての親切(あだ)となり(かへ)つてお胸を騷がせたる罪深し、眞誠(まこと)妾しは妖怪變化にもあらず、浮世を(すて)し身のあさましき慾に迷ふにもあらず、()にも(かく)にも同衾(ひとつね)せんとは强ひて(まを)さじ、今より夜道あるかせ申さば亭主振(あるじぶ)り餘りに拙く(くや)み限りなし、()づ〳〵坐り玉へと(とゞ)むるを我又無下(むげ)に振り切るも恐ろしく()の向ふに坐れば、女は(なた)取り(いだ)して立上(たちあが)るに、我又々ビクリとするを見てホヽと笑ひ草履つゝ掛けて戶の外に出で、丁々(ちやう〳〵)と響かする木を伐る音。

生木(なまき)なりと()かんとて(たきゞ)取りに外へ出でしぞと悟れば、(やうや)く安堵して我つゞいて外に出で、(もや)し木を取り玉ふならば男の事我助力(じよりき)致さんと(なた)借り受け、そこらの雜木切り(たふ)して一ト(かゝ)へだけ()の內に投込(なげこ)み、戶口(しつか)りと風を(さえ)ぎりて(むか)ひ坐れば、女は火を搔起(かきおこ)して僅に(もや)()(やが)て漸く()え立ち暖氣滿(みつ)るを見て。此通り()に火もあり、妾は愈々(いよ〳〵)獨り起居(おきゐ)る事つらからねばサア露伴樣ゆつくりと御やすみなされ、決して再び不束(ふつゝか)な妾御一緖にとは申さじ、ホヽホヽ、(きも)の小さい御客樣に可惜(あたら)御氣をもませ申しましたは妾があやまりました、御心配なしに獨りでおやすみなされまし。イヤ先刻も申せし通りおまへ樣おやすみなされ。ホヽホヽ、又剛情を張らるゝか、夫ならば御一緖にか。夫は御免蒙りたし大俗凡夫(だいぞくぼんぷ)の我等おまへ樣のやうな美しい方と一緖に寐るは小人(せうじん)罪なし(たま)(いだ)いて罪あり*13の金言まのあたり。ヲホヽホヽ、おなぶりなさるゝな、(なん)の妾が厭なればこそ其樣に御逃(おにげ)なさるゝなれ、嫌はれては今更是非もなけれど眞實妾の了見では夜風寒き山中(やまなか)何の御馳走申す風情(ふぜい)もなければ、其むかし乳母があなたを抱いて寐かして(あげ)た時の樣にあなたを緊乎(しつかり)と抱いて妾の懷中(ふところ)で暖めて(あげ)ようばかりの親切、妾も佛菩薩の見玉ふ前に決して(みだ)りがましき念は露もつにあらず、あなたとて一箇(いつか)大丈夫(だいぢやうぶ)初めて(あう)て抱いて寢た女(ぐらゐ)に心を動かす樣な弱いお方ではあるまいと存じたに御卑怯千萬(ごひけふせんばん)未練の御性根(ごしやうね)今の御一言(ごいちごん) 御戲談(ごじようだん)ならずば玉を(いだ)かざる前も小人は小人なる通り、妾と同衾(ひとつね)し玉はずとも既に罪ある助倍(すけべい)の御方、ホヽ是は失禮、兎も角もあなたの御自由になされ、妾は亭主(あるじ)の身で獨り寢る事致し難しといふ。我呆れて()きし口(ふさ)ぎ得ず、茫然と此女の言葉を聞き、つく〴〵考ふるに人の世の毀譽襃貶(きよほうへん)を心に留めざるのみか、眼前の我をさへ見て三歲の小兒(せうに)の如く取り扱ひ、然も悠々(ゆう〳〵)として胸中別に春ある悟り開けし大智識のやうなるに益々(ます〳〵)不審晴れず。ハテ何物の子ならん何物の變化(へんげ)ならん、尋常の婦女(をんな)とは思へず、抑々(そも〳〵)如何なる履歷ありて()可惜(あたら)しき容貌(やさ)しき心持ちながら山中(やまなか)には引籠りけん、當世の小督(こがう)(ほとけ)祇王(ぎわう)祇女(ぎぢよ)*14、それとも全く妖魔かとそゞろ恐ろしく。さらばおまへ樣はおまへ樣の御自由我等は我らの自由として我は此爐前(ろぜん)に一夜明すつもり。妾も爐の前あなたの向ふ()に一夜明して苦しからず(かへ)つて心安し。と(こゝ)に一切(はな)しの(らち)明けば、我大きに安堵して穴のあく程女の頭上より全體を()るに一點の(きず)なき玉のやうにて折から燃ゆる火焰(ほむら)(ひら)めく陰に隱現(いんげん)する女神(によじん)、とても其氣高さ美しさ人間の繪師(ゑし)まだ是に似た者も書きたる(ため)しあらざるべし。

荊茨(いばら)(うち)に鹿は置きたく無く、鶴は老松(おいまつ)(こずゑ)にあらせたし、目ざましき者(たつと)きもの可愛(かはゆ)きもの美くしき者、皆(その)所を得させたきは我人(われひと)(じやう)ならんと思ふ我、あはれ駿馬(しゆんめ)は勇士に伴なはせたく、名花の(その)蝴蝶(こてふ)は眠らせたし。或歲(あるとし)我旅せし時、旅宿(はたごや)下司(げす)洒掃除(ふきさうぢ)の時懷中(ふところ)より日本政記(にほんせいき)*15一册落せしを見て、心掛(こゝろがけ)ありながら空しく人に僕仕居(つかはれゐ)る其男の口惜(くちをし)如何(いか)ならんと淚ぐみたる事ありし。夫にもまして今(この)天晴(あつぱれ)姿貌(すがたかたち)、むざ〳〵と深山(みやま)の谷間に(うも)()の花も咲かせず朽果(くちはつ)るは(さて)も氣の毒。美人所を得ずして榾火(ほだび)(くす)ぼり草の屋に終るとはなさけなき天道の()されかた。男兒時を得ねば滄海(さうかい)に入る*16と同じく、既に見識ありて俗情に遠く風流を解して仙境(せんきやう)に近づき居る此女、浮世の塵を(いと)ひて山中(やまなか)に終らん所存か。さりとては又女の癖に男めきたる憎さよ。女の女らしからざる男の男らしからざる、共に天然の道に(そむ)きて醜き事の頂上なり。さりながら女の女らしからずして神らしき、男の男らしからずして神らしきは共に(たつと)き頂上ぞかし。今此女の言ふ所最早女らしからず、女の口より初めて逢ひし我を抱て寐んなど中々以て言へた事ならざるに、然も乳母が幼稚人(をさなきひと)(だい)て寐る如く我を(だい)て寐んと云ひし事若し虛誕(うそ)ならずば此女は女の男めきたるならで神らしき(かた)に近づきたる方外(はうぐわい)の女なり。然し(われ)凡夫の眼より見れば此女の()(たふ)()ならんより、良き配偶(つれあひ)を得て()(せい)の間に美しき一家を()したらんこそ望ましけれと思ふまに〳〵又()れば端然(たんねん)とせし御有樣(おんありさま)愈々(いよ〳〵)凡界の女の戀に病み衣服に苦勞し珊瑚(さんご)根掛(ねがけ)*17玳瑁(たいまい)*18の櫛のと慾にざわつく(たぐひ)にあらず、御眼(おんめ)(うち)(すゞ)しきは紛紜(ふんうん)*19たる世事を御胸(おんむね)(うち)に留め玉はざるをあらはし、御顏色(おんかほいろ)のあざやかに艷々しきは充分今の境界(きやうがい)に滿足して何の苦しく覺さるゝ事なきを示して、且は御口元(おくちもと)の締りたるにぞ理非を(きは)め玉ふ知惠(さと)く居玉ふを知られける。不思議不思議。

餘りの不思議に(こら)へかねて我いと叮寧(ていねい)眞實(まこと)(こめ)て言葉(ゆる)く。先程も伺ひたれど歲若きおまへ樣の尼にもあらでの山籠り、如何(いか)にも不思議に存ぜらるゝも、一ツは美しき御容貌(やさ)しき御心根(おこゝろね)持玉ひながら無慘や、猪狼(しゝおほかみ)の跡多き地所(ところ)に潛み玉ふを(なげ)かはしく存ずるよりなり、斯く山住(やまずみ)し玉ふ其譯苦しからずば一通り御聞かせ下されたしと問へば女ホヽと笑ひながら。此頃うるさく世間に流行(はやる)とか聞きし小說にでも書玉(かきたま)はん御了見(ごれうけん)か、よし小說には書かざるにもせよ、話しの土產と都の人に(もた)らし歸らん御了見なるべし、羞かしき身の上(あか)して云ふ迄もなけれど、()し人ありて妾の身の上話を聞き、一點あはれと思ふ人あらば嬉しき事の限りなり、いで恥を忘れて羞かしき身の上語り申すべし、緣外の緣*20()かされて或は泣き或は笑ひし(それ)も昔の夢の跡、 懺悔は戀の終りと悟りて今何をか(かく)し申すべきと云ひつゝ(ほた)を添へたりけり。

*1:『伊勢物語』芥川を想起させる。

*2:中国周王朝期の魯の国の賢者。「座懐不乱」のエピソードが知られている。

*3:「牛の角を蚊がせせる」は、物事に対してなんとも感じないことのたとえ。これに黄河の水害を鎮めるために沈めたという鉄牛をさらにかけた。

*4:考え。

*5:中国南宋代に成立した禅宗の燈史(史書) 『五燈會元』他にある有名な公案。公案の内容は『ある老婆が一人の禅僧に庵を建ててやり、衣食を送って修業を二十年間資(たすけ)ていた。そこでもうあの禅僧もかなり修業を積んだであろうと、老婆は自分の腰元の中でも、年頃で一番の美女を選んで、かの禅僧の修業している庵室へと赴かせた。その若い腰元が庵室を覗くと、僧は室の中央で静かに坐禅を組んでいた。女はそこへ寄って行っていきなり禅僧にもたれかかって、どんな気がするか尋ねた。するとその僧は顔色一つ動かさず、「枯木寒巌に倚る、三冬暖気無し」(まるで枯木が冷え切った岩に倚りかかったように寒の真最中、吹き曝しの気持ちだ) と答えた。その話しを女から聞いた老婆は大変怒り、「思いの外に俗物の僧、見込み違いをしていた」と言って、その僧を追い出し、庵室も穢らわしいと焼き払ってしまった』というもの。

*6:一休禅師『狂雲集』にある、公案への漢詩による答から。老婆心爲賊過梯。淸淨沙門與女妻。今夜美人若約我。枯楊春老更生稊。

*7:京都市の大徳寺と今宮神社を含み、東は堀川通り、西は千本通り、南は鞍馬口通り、北は北大路通りを囲む地域。かつては、平安京の内裏北方は天皇や貴族の遊狩地として禁野であったが、平安京が廃れると一帯を洛北と呼び、さらに内野、上野、北野、萩野、紫野、平野、蓮台野を洛北七野と称するようになった。

*8:仏教において最高の悟りを得た聖者。「阿羅漢」の略称。

*9:鳥山明『ドラゴンボール』の亀仙人は久米仙人へのオマージュであると思う。

*10:マヘーシュヴァラの音写。大自在天、もともとはヒンドゥー教のシヴァ神のこと。

*11:『奥の細道』の市振で遊女と同宿したところを踏まえた作り話しだと思う。「一家に遊女もねたり萩と月」

*12:仏教において悟りの妨げとなる煩悩を払うため、人(特に女性)の屍が朽ち果ててゆく各段階の様子を観想する修業。

*13:『春秋左氏伝』桓公十年の「匹夫罪無し。璧(たま)を懷くは其れ罪なり。」から。

*14:いずれも平家物語に登場する女性達である。「佛」は「佛御前」を指す。

*15:頼山陽が著した日本通史。

*16:「滄海遺珠(広い海原の底に採り残された真珠)」は広い世間で人知れずに埋もれている有能な人材という意味から。

*17:女子の髻(もとどり)の根元に巻き付ける紐状の飾り。

*18:べっこう。

*19:物事の入り乱れていること、そのさま。

*20:『對髑髏』は最初『緣外緣』という題名で雑誌「日本之文華」(博文館発行)に発表された(明治 23 年)。