ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

気晴らし (29)

ちょっと来ない間に、泉の森でも花菖蒲、黄菖蒲、アヤメが咲いていた。花菖蒲を見ながらよく考えてみるとこの花の萼って一番大きい黄色い筋が中心にはいっているものである(黄色の筋は花菖蒲をアヤメ、杜若から区別するのによい目印となる)。その上にある萼に似た小さいのが花弁であろう。雌蕊がこれまた巨大で、柱頭の先が三つに裂けてそれぞれが萼の上に載っている。雄蕊はというと雌蕊と萼の間にあってなかなか見えないけど、雌蕊の先っちょをめくるとちゃんとある。

ハナショウブ。

以下の写真は近所で見つけたもの。

まだ夏というには早いけど夏菊だろう。

シャクヤク。

バラ。

トウキョウチクトウ。

ベニチョウチン (紅提灯)。

ビオラ。

ツルハナナス。