ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

Passing Strangers

1950 年代後半以降から今日に至るまで「アメリカ的なもの」をどうも信用する気になれない。というか、20 年代から 40 年代の時期のアメリカはやはり二度とない世界史の奇跡なのかもしれない。1957 年のこの美しい曲がビルボードで最高 82 位ってことがあるかよと思ってしまう。歌っているのはビリー ・エクスタインとサラ・ヴォーンだぞ。ちなみに、16 位だった “Jailhouse Rock” のリズムセクションのダサさを聞いてみて欲しい。

 

 

自国が誇るべき豊かな文化であった音楽や映画を平気で無視し虐殺した「アメリカ的な」感性などどうして信用できようか。

 

 

We seem like passing strangers now
How can you hurry by?
There were never two who loved
Half as much as you and I
We seem like passing strangers now
Funny, how things can change
We were so inseparable
Now you're acting very strange
The hands I used to touch
Don't even wave hello
How I miss your lips
You'll never know
If you would only turn to me
Speak my name just once more
You might find right there and then
Strangers can be lovers again
The hands I used to touch
Don't even wave hello
How I miss your lips
You'll never know