ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

Boyd Raeburn

ウディ・ハーマンのファースト・ハードは紹介済みだから、プログレッシブとして忘れてはならないのがボイド・レイバーン。

 

1944:

A Night in Tunisia:

Two Spoos in an Igloo:

Hep Boyds:

Sequence:

1945:

Interlude:

March of the Boyds:

How High the Moon:

Man With a Horn:

I Can’t Believe That You’re in Love With Me:

※ 1945 & 1946

1946:

Temptation:

I Only Have Eyes for You:

Boyd Meets Stravinsky:

Over the Rainbow:

Little Boyd Blew his Top:

Yerxa:

Body and Soul:

Blue Echoes: