ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

My Gal Sal (They Call Her Frivolous Sal)

初のトーキー映画ともいわれたりする『ジャズ・シンガー』(1927, The Jazz Singer) の最初の歌声が入った音楽は、“My Gal Sal” であるが、だからといってその事実が映画史を意義深く分節しているかというと、そんなことはない。

 

この曲は、1905 年に Paul Dresser によって作られたものである。彼の弟は『アメリカの悲劇』(1925, An American Tragedy) の作者、セオドア・ドライサーとして知られている。すぐ下の録音は、出版時期から考えると随分早いものである。例によって最初にヴァースがあるがそれが非常に長く、よく知られたリフレインのメロディ部分はかなり後にならないと出てこない。

 

Byron G. Harlan (1907):

 

Miff Mole and His Little Molers (1927):

 

The Mound City Blue Blowers (1929):

w/ “I Ain’t Got Nobody” & “My Gal Sal”

 

Guy Lombardo and His Royal Canadians (?):

 

Fletcher Henderson and His Orchestra (1931):

 

Benny Goodman Quartet (1937-38?)

 

Jelly Roll Morton (1938):

 

The Mills Brothers (1946):

 

The Pied Pipers w/ Skip Martin & His Orchestra (1946):

※ The Pied Pipers の女性歌手は、June Hutton

 

Bobby Darin (1960):

 

f:id:noriharu-katakura:20180128213207j:image

 

ジャズ・シンガー (字幕版)

ジャズ・シンガー (字幕版)