ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

「對髑髏」 (三) 蝸牛露伴作

(三)
聞けば聞く程筋のわからぬ
戀路のはじめと悟りの終り
能々たゞして見れば世間に多い事

其時お妙は長江を渡る風輕(かろ)く雲を吹(ふい)ておぼろにかすむ春の夜の月大空に漂よふ樣に滿面の神彩(しんさい)生々(いき〳〵)と然も柔(やさ)しく、藍田(らんでん)を罩(こ)むる霞あたゝかに草を蒸してほやりほやりと光り和らぐ玉に陽炎立(かげろひた)つ如く*1兩眼の流光(りうくわう)ちらちらと且つ嬉し氣に、聞いて玉はれ露伴樣。妾し幼少(えうせう)より東京に生長(おひたち)て父母(ちゝはゝ)まづしからず家計(くらし)ゆたかなるにまかせて、露を薄(すゝき)の頭簪(かんざし)に何ぞ*2と問ひし頃は蝶(てふ)と愛(めで)られ、風を縮緬(ちりめん) *3の振袖に厭ひし頃は花といつくしまれ、浮世に樂(たのし)み長閑(のどか)なりし年立ち年暮れて冬を送り春を迎ふる度每(たびごと) 買つて貰ふ羽子板と共に背丈段々と大きうなりしが、十四の秋父樣(とゝさま)圖(はか)らず卒(かく)れ玉ひしより悲しさ遣る方なく、芝居見る外には泣きたるためし少なき身もひたすらに淚もろくなり、果敢(はか)なき野邊に一條(ひとすぢ)の煙りを觀(くわん)じて後は三度の御膳に向ふたびに、父上の平常(つね)坐り玉ひし所むなしく明きて完全(そろひ)たる前齒の一本拔けたる如く、しよんぼりと母樣(はゝさま)ばかり心淋(うらさび)しく箸持つ力も衰へ玉ひたるやうに召上りながら、我が母樣を見て悲しむと同じく母樣も我を顧(かへり)み玉ひて、御胸痞(つか)へたるや御飯の量少なく白湯(さゆ)のみいたづらに飮(め)して私(ひそ)かに瞼(まぶた)の潤ひさし玉ふに我口中(こうちゆう)の者の味いつしか消えて奧齒咬みしめしまゝに開く事難かりし。われそれより自然と垂籠(たれこも)り勝に日を費やし、平素(ひごろ)好きたる三味(しやみ)の色絲彈(ひ)き鳴(なら)さんともせず、琴の師匠にも忌中に休課(やすみ)たるまゝ遠ざかりて、母樣が持玉ひし草紙くさ〴〵に馴(な)れ泥(なづ)み、有る事無き事かきつらねたる册子(さうし)の中(うち)に幽(かすか)なる樂みをなせしが、終(つひ)に癖となりて彼是見盡せし後(のち)は薄雪*4住吉*5伊勢竹取或は求め或は借りて三年の中(うち)に解らぬながら源氏狹衣にまで讀み至り、其間(そのあひだ)つく〴〵人情の濃き薄きを考へ世の態(さま)の眞實(まこと) 虛妄(いつはり)を覺え、むかしより男といふ者のあさましく、意(こゝろ)一時(いつとき)なさけ一時、思ひ込み强けれど辛防弱く、逢ふを悅(よろ)こべど別れを悲しまず、媚(なま)めかしく佞(へつら)へるをかしき女を好み、戀を榮華のわざくれ三昧(ざんまい)、犬猫の色美しきを愛(めづ)る樣に女の髮容(かみかたち)よきを愛る者なるをさとり、我緣もなき男なれど源氏業平の如き戲(たは)け者を憎く思ふ事深く、嫉妬するにもあらねど其戲け者に迷ひ焦(こが)れし色々の女どもを齒痒き馬鹿と心の內に思ひけるが、十八の年母樣もまた老の病危ふくなり玉ひ、兄弟もなき身の氣弱く朝に晚に腹中(ふくちゆう)は泣きながら神佛を賴み御介抱申せし甲斐なく、我亡き後は是を見て一生の身の程を知れと行水(ゆくみづ)に散り浮く花を靑貝摺(あをがひず)りせし黑漆(くろぬり)の小箱を與(あた)へられしまゝの御往生(ごわうじやう)、悲しともつらしとも言ふ言葉を知らぬ歎き、漸く御葬式濟(すま)して後、彼(かの)小箱を開き見れば何時(いつ)の間に認(したゝ)め置(おか)れしやら一通の御書置、是ほどまでに我を可愛う思(おぼ)しめされしありがたさと先づ淚こぼれながら讀み見れば、噫(あゝ)其時の心持今思ひ出しても慄然(ぞつ)とする程、恐しさ口惜さ悲しさ情無さ味氣(あぢき)無さ胸惡さあさましさ心細さ、厭といふ厭な心持一時に込上(こみあげ)て氷水全身に打かけられたる如く又猛火に眉毛燒かるゝ如く冷汗脇の下に湧きて身ぶるひ止(とゞ)め得ず、氣も暗く眼も暗くゆら〳〵とゆらぐ玉緖(たまのを)*6絕え果てん計りなりしが、夫(それ)より愈々(いよ〳〵)浮世を厭ひて。

イヤ御話しの中途ですが其黑漆(くろぬり)の小箱の中(うち)の文(ふみ)に記(しる)しありし事如何なればそれほどまでにお前樣を驚ろかせしか。マア御聞きなされ其文に記しありし事をわたくしの口から申すもつらし。扨(さて)も我(われ)年は十九の春を迎へて空(あだ)に更行(ふけゆけ)ば親類のやうに親達と交際(つきあひ)し誰彼、我を嫁にせん我婿を世話せんといひ來るを早くもあさましき人情の詐(いつは)り、盛りは十年の色、用は一時の財貨にひかれての申し込と猜(すい)して、一々きびしく家の僕(やつこ)に謝絕(ことわら)せ、ひたすら母を慕ひまゐらせ、あはれ此身の朽ちよかし靈魂(たましひ)のみとなりて母樣の御傍近く行かんものとあせり、つく〴〵生命(いのち)も惜からず、世間に何の樂みなく、讀耽りし數々の草紙も打すてゝ又見ず、男と面(かほ)を合(あは)すさへ忌み嫌ふ樣になりて、蓮葉(はすは)なる下女共が年若く美しき俳優(やくしや)なぞの噂するまで苦々しく覺えければ、自然と自分は髮に油の香(か)も止めず櫛の齒を入れて鬢(びん)の恰好氣にするまでもなし、ましてや前差(まへざし)*7に鼈甲(べつかふ)の斑(ふ)の詮議根掛に鹿の子の色のよしあしなんどは問ひもせず質(たゞ)しもせず、紅脂白粉(べにおしろい)はまるで忘れつ、帶に苦勞をせしはむかし下駄に鼻緖を苦勞せしもむかし、羽織の色がどうであらうと着物の取合せどうであらうと一切女のたしなみを捨て、おもしろからぬ心中常に淚を湛(たゝ)へて天地も薄黑く見え花は咲いても萎(しを)れたる我、鳥は歌ふても默然たる我、皎々(しろ〴〵)と澄む月に對(むか)つても濁り水の我には影淸く宿らず、陰々濛々(いん〳〵もう〳〵)と寐て起きて食ふて少しも何の業(わざ)なさず、身をじだらくの吾儘(わがまゝ)にまかし、神を恨み佛を恨み人を恨み天地を恨みて悶え苦しむ一念增長するばかり、遂には神を憤り佛を憤り、今世(いまのよ)に若し正體(しやうたい)在(おは)さば針の先で衝(つい)てやりたきまでに心逼(こゝろせま)り來りて、道理を見れば何の燈心(とうすみ)の繩張り*8、道理も更に恐しからず、人情を察(み)れば高が氷柱(つらゝ)に彩色(さいしき)の一時(いつとき)、人情も夢うれしからず、胸中に霜雪寒く殘りて慘(むご)らしき觀念絕ゆる間(ひま)もなくありしが、或日の事立派なる蝋塗人車(らふぬりぐるま)我家の門(かど)に付きて髯鬚(ひげ)うるはしき官員風の男案內を請ふに名刺(なふだ)を見れば何某(なにがし)局長奏任一等の御方當世の利物(きけもの)と評判ある人なれば、我(わが)後見ともなりて家事萬端取り賄なひし老僕(をとこ)出でて御用の筋を何ぞと承たまはるに。唐突(だしぬけ)の參上甚だ失禮なれど傳手(つて)の無きまゝ是非なく直ちに申し入れます、付かぬ事を御聞申すが當家の御主人御年頃なるに未だ何方(いづかた)とも緣談の御約束なきや、實は拙者舊藩主の若殿見ぬ戀にあくがれ玉ひて是非にと所望なされ居る譯、と申した計りにては御分りあるまじきが今年の春若殿郊外を散步せられし折或る墓地を通りかゝ られ、不圖(ふと)乞食共の話しを聞かるれば、今歸つたあの娘(むすめ)、器量の美しい計りか孝心のいぢらしさ見えて母親の墓の前に蹲踞(うずくま)りたるまゝ動き得ず、淚は雨の絕えぬ程泣て〳〵、若い身にも似ず、生命(いのち)惜からねば早く母樣の御傍に行たしとの述懷、何と今時珍らしい氣立の女ではないかと一人が云ふを又一人がひつとつて、貴樣今日初めて彼娘(あのむすめ)に氣が付いたか、あれは每月(まいげつ)の事、去年(こぞ)の何月(なんげつ)なりしか彼娘(あのむすめ)の母の此處に葬られてから每月の命日怠る事なく此處に來てあの通りの悲歎、餘所(よそ)で見ても可愛想なありさま、殊更今日などは顏も大分瘦せて血色も惡し大方家に居ても始終泣いてばかり居る事であらうかとの噂、耳に入るより若殿ゾツとし玉ひて誘はれし淚が一滴、是ぞ戀の水上(みなかみ)思ひの泉、ゆめ〳〵浮きたる御心にあらず、戀が爲(さ)せし探索其後(そののち)御名前御住所まで何時(いつ)の間にか聞き知り玉ひ、ます〳〵焦れて遂に父上の許しを乞はれ、父君の御依賴によりて兎も角も拙者中(なか)にたち周旋の勞を取るべく今日態々(わざ〳〵)參上したり、內々承たまはれば未だ何方(いづかた)とも御緣談きまりたるにもあらぬよし、何と此話し能々(よく〳〵)御考へ下さるまいか、媒人口(なかうどぐち)たゝくではなけれど拙者舊藩主の御嫡子、爵位財產は世間の沙汰でも御存じなるべし、殊に先年獨乙國(どいつこく)に留學せられて學位まである若殿、華族間にて行末望みのある方、全く浮きたる戲(たはむ)れ言大名氣質(かたぎ)の吾儘なる緣談申し入るゝにあらず、四民同等の今日實(じつ)以て後々は侯爵夫人と我等もあがめ申すべき所存、戀のはじまりの次第を考へられても成るべくは色よきお返事を玉はりたし。とて歸りたる後、老僕(をとこ)は躍り上りて喜び、平常(つね)皺びたる顏の其時は光りをなし我に向ひて緣組承知せよと說きすゝむるに、我一度はやんごとなき人に戀(こは)れたりと聞きてカツと上氣し、又一度は是も男の例の一時の熱、やがては褪(さ)める色好みの心鄙(いや)しと蔑視(さげす)み、又一度は母の遺書(かきおき)思ひ出して忽ち身ぶるひ生じ、厭、々、々、々、緣談など聞く耳もたずと强く云へば老僕(をとこ)は驚き、是ほど結構な緣談いやと云はるゝは片腹痛しと理(り)をせめ言葉を盡して我を諫むれど少しも動かねば是非なく謝絕(ことわり)申して、情知らぬ者とも蔭言(かげごと)さるゝを厭はざりし。されども我其時より何となく二心になりて然程(さほど)むごくは男を嫌はず、むごかりし心いつしか和らぎて髮かたちをも治むるやうになりしが、三月ほど經(へ)て又彼(かの)何某局長見えられ、我後見に向ひて。過(すぎ)し日の話し纏(まと)まらぬ以來、流石活潑に聰明に渡らせ玉ひし若殿御動靜(ごやうす)ガラリと變り玉ひ、外出(そとで)もし玉はず書見もし玉はで、花にも月にも嗟嘆(さたん)の御聲(おんこゑ)ばかり、望みは絕えし此世に絕ぬ玉の緖のあるは悲しき事の限りぞ、あるに甲斐なき生命(いのち)誰(た)が爲にかながらへん、などゝ喞(かこ)ち玉ひて次第々々に三度の御食(おんしよく)すゝまず、晝はうと〳〵眠り玉ひて夜は寢難(いねがて)に輾轉(ふし)玉ふ、あはれとは是なりと思ひて御付の者慰さめまゐらせ、愚(おろか)とはそれなりとさとして父君叱り玉へど、唯々消(け)なば消(け)ぬべし露の身の散りなば人のあはれとや見ん、つれなき人はつれなからで、疎まれし我こそうとまし、とく〳〵捨てばや生命(いのち)と朝夕(てうせき)の獨り言、聞かれて母君の堪へ玉はず再度(ふたゝび)拙者を召して此御使ひ、何卒よろしく御推諒(ごすいりやう)ありて御不足の廉(かど)あらば御遠慮なく申さるべし、一々御指揮(ごさしづ)に隨ひ申すべければ此戀成就する樣、と情(じやう)を盡し道理を責めての話し。其時我ふすま越しに聞いて思はず泣きしが、老僕(をとこ)が我に向ひて返事相談する時には又彼(かの)母上が殘し玉ひし書置(かきおき)の事思ひ出して唯々つれなく、緣を結ぶは厭なりと云ひ切つて數多(あまた)の人に憎まるゝを關(かま)はざりし、此度は最早(もはや)思ひ切つて來(きた)るまじと思ひしに又一月ほどたち、彼(かの)人來りて。若殿終(つひ)に浮世をあぢきなく思はれしあまりうつら〳〵と病ひの床に打臥され其後(そののち)御枕上らず、療治の詮方(せんかた)もなく父君母君今は共に最愛の御嫡子に引(ひか)されて心よわく、共に御心配のありさま餘所(よそ)に見るさへ痛まし、願はくは思ひ返してよき返事聞せ玉ふやうとりなし玉はれ、是は若殿御病床の中にて書捨てられし反故(ほご)ながら戀の切なる事あらはれて隱れず、せめては是をだに見せまゐらせて少しはあはれを汲まるゝたよりともなれかしと持て參りしなり、又是は若殿いまだ御病氣になり玉はざりし前の寫眞なるが是も倂せてまゐらすべし、御返事は明日また伺ひに上るべし、且は又其折(そのをり)御返事は如何にもあれ、若殿が生命かけてまで焦れし方の寫眞一枚玉はりたしと云殘して歸りければ、老僕(をとこ)又我に色々說諭し、是非に此緣結ばれよ、淺からぬ因緣なるべしなど泣いて勸むれど我剛情に承知せねば少しは怒りて立去りしあとに殘せし寫眞、見るに氣高く美しき御顏(おんかほ)ばせ、いとしさも生じたるばかりか短册に筆も步み健(すこやか)ならずして

燈(とぼ)し火も暗うなりゆく
夜半(よは)の床(とこ)に
こゝろきえ〴〵君をしぞ思ふ

と覺束なく記(しる)されたるを見て吾魂魄(たましひ)もゆら〳〵となりしが、母君の遺書(かきおき)思ひ出して又かゝる貴人(きにん)に近づくべきにもあらずと、翌日も酷(むご)く返事させ寫眞も送らず、かくて十日程過ぎて吾家の門(かど)に慌だゝしく車を寄せて彼官員轉ぶが如く走(は)せ入り、眼付さへ常とは變りて淚ぐみながら。つれなき此處の戀(こは)れ人め、今日は是非々々兎角(とかく)の返事に及ばず邸第(やしき)まで來られよ、若殿御生命(おいのち)今宵を過さずと醫師の鑑定、父君母君我等までの歎き察しても玉はれ、殊に今朝若殿の口ずさまれし一首

厭はれし身はうきものと知りながら
尙捨てがたき……

と後(あと)の一句を殘して血を吐かれし御ありさま、肺病(やまひ)もつまりは戀故(こひゆゑ)、よしや女は鬼なりと箇程(かほど)まで思はれてまだつらく當るべきや、と半分は恨み半分は怒りて我を引立て行かんとするに、我は又身を切らるゝより切なけれど愈々(いよ〳〵)剛情に行かじといふ、折しも復(また)車の音して御付の人を後(あと)になし*9、容儀(ようぎ)繕ろひ玉ふこともなく馳せ入られし上品の夫人、氣も半亂に。お妙さまとはあなたか、我が子が今臨終の際(きは)、一目おまへ樣を見たしと利(き)かぬ舌を無理に動かしての望み、此通り手を合はして願ひます是非に來てと侯爵夫人ともいはるゝ尊とき人に拜まれて、心は洪水に漂よはされたるごとくうろ〳〵するを無理に引立てられ、車の上も夢路をたどるやうにて立派なる御邸の中に入(い)れば、人々聲を限りに呼ぶ響き、早や切々と悲み泣く女の聲も聞ゆるに、夫人は慌てゝ幾間か通り過玉へば、我も煙(けむ)にまかれて*10其跡に隨(つひ)て病室に入りける。見るに瘦枯れ玉ひたる御ありさま、今とりつめて危(あやふ)かりしを呼生(よびいけ)られて母君の顏見玉ひ、さめ〴〵と泣かるゝ痛はしさ、是も誰故、我故、と思へば沒體(もつたい)なく消えも入りたきを夫人に推し出されて若殿の御側近く參り、我を忘れて淚つゝみ切れず御手を取りしまゝ何の理由(わけ)とは知らず泣伏せば、若殿も淚ながら我を見玉ひて御言葉はなく、握られし手に微弱(かよわ)き力を籠(こ)めて我身に幽玄(かすか)なる働きを與へられしまゝ、其儘我は絕入て夢の如くなりしが其後呼生(よびいか)されたれど、若殿は遂に蘇生(よみがへ)らせ玉はず。我は身も世にあられず立歸りてより後(のち)其人をのみ思ひてなまじひに生殘りしを口惜く、ます〳〵天地を恨み憤(いか)りて狂亂となり、七日の夜(よ)、獨り吾家の持佛の前に看經したる時、朦朧とあらはれ玉ひし御姿のあとを慕(した)ひて脫出(ぬけい)で、何處(いづく)ともしらず迷ひあるく、眼には幻影(まぼろし)をのみ見て實在の物を見ず、あさましく狂うて此山中に我しらず來りしが、圖(はか)らず道德高き法師に遇ひ奉り、一念發起して坐禪の庵(いほ)りを此處に引むすびしばかり。

溪(たに)の水嵩增して春を知り、峰の木の葉の飜つて冬を悟る住居、閑寂の中に群妙を觀じて頭(かうべ)を廻らし*11浮世を見れば皆おもしろき人さま〴〵、慘酷(むごか)りし昔時(むかし)の胸の氷碎けて東風(こち)吹く空に絲遊(いとゆう)*12のあるかなきかの身もおもしろく、佛も可愛(かはゆ)く凡夫も可愛くお前樣も眞(まこと)に可愛し、天地に一つも憎きものなく、樹(こ)の間に巢くふ鳥も可愛く、土に穴する狐も可愛し、心華(しんげ)開發して十方世界*13薰(かん)ばしく、おもしろき唯識(ゆいしき)*14の妙理味ひ更に濃(こまか)く、泥水相分れて淸淨に澄めば天上の月宿る瓔珞經(やうらくきやう)のおもむきもまた愈々面白し、我をあはれと人が云ふもおもしろく我を厭よといふもをかし、お前樣を可愛(かはい)と思うたればこそ抱いて寐てといひしに厭がられしは愈々をかし、昔時(むかし)は我死ぬほど人に戀はれてもつらくあたり、今は我死ぬほど人に厭がられても可愛し、一心の變化同じ天地を恨みもし樂みもすることをかしけれと長々しく語りつくせど、我*15更に其故を悟らず。もし〳〵お妙さま其話の中の骨となりし行水(ゆくみづ)に散り浮く花の靑貝摺せし黑塗の小箱の中の書置は何事なりしか、其を聞かでは話分らず。ハテ野暮らしい其を聞く樣では貴君(あなた)もまだ人情しらず、其書置讀んで後慘(むご)くなりしといへば云はずと知れし事、世を捨てよといふ敎訓(をしへ)、浮世を捨てねばならぬ譯をかきしるせしに極つた事。怪しからぬ事浮世を捨てねばならぬ譯なし。イヤ〳〵妾等一類の人間是非とも浮世を捨てねばならず、浮世を捨てねば安心の道おぼつかなし、さればこそ初は神をも佛をも恨みし也。扨(さて)も分らぬ話。イエ〳〵能く分かつた話、深山の中にのたれ死せずばならぬ妾等の身の上、浮世の人は眼(まなこ)くらく、種々のあはれを悟りながら、情なき妾等の身の上には月日も全く暗く花鳥(はなとり)も全くおもしろからぬを知らず、されば彼(かの)若殿に我身を早く任せざりしも若殿の子孫をして我(わが)如くあさましからしめざらんとの眞實(まこと)の心、其時の苦しさ推量したまへと沈みたる調子に答へながら急に語氣を變て、ホヽホヽおもしろからぬ長話最早やめに致しませう、言ふもうるさく語るも盡じ、戀と恨みは隣り同志、これまで〳〵これまでなりや繰言もと云さして又榾(ほた)を添ゆる容顏(かんばせ)の美麗(うるはし)さ、水晶屈原の醒めたる色ならで瑪瑙(めなう)淵明の醉へるがごときありさまなり。頓(やが)て又かすかに我を見て、あら本意なき*16夜の短うて可惜(あたら)明放(あけはな)れなば假初(かりそめ)ながらの緣も是まで、君は片科川に浮く花、香(か)は急流に伴つて十里を飛ぶ遄(すみ)やかに、我は其川の岸に立つ柳、影は水底に沈んで一步を動(ゆる)ぎ難し*17、逢ての喜び別離(わかれ)のつらさ戲(たは)けし戀の後朝(きぬ〴〵)ばかりにはあらず。といふ時しもあれ、朝日紅々とさし登(のぼ)りて家も人も雲霧(くもきり)と消え、枯れ殘りたる去歲の萱薄(かやすゝき)の中に雪沓の紐續(ひもつな)ぎかけしまゝ我たゞ一人にして足下(あしもと)に白髑髏(はくどくろ)一つ。

さても昨夜(ゆふべ)は法外の小說を野宿の伽(とぎ)として面白かりし、例令(たとへ)言葉は無くとも吾伽を爲せし髑髏是故にこそ淋しからざりし、是も亦有緣(うえん)の亡者、形の小さきは必らず女なるべし、女の身にて此處にのたれ死(じに)、弔ふ人さへ無きはあはれ深しと其髑髏を埋め納め、合掌して南無阿彌陀佛南無阿彌陀佛、お蔭さまで昨夜は面白うござりました。と禮をのべ、段々川邊を小川村に出で溫泉宿(ゆやど)に入りて、此山奧に入りしまゝ出て來ざりし人なかりしやと問へば亭主けゞん顏して暫く考へ。不思議の事を問はるゝものかな、オヽ去年の事なりしが乞食の女あさましく狂ひ〳〵て山深くの方へ入りし事ありしが日光の方へは行かざりしよし、何處(いづこ)へ行きしかと今に其噂あり、それを尋ねらるゝかと云に。それ〳〵其女の樣子知るだけ詳しく語れと逼(せま)れば老父(おやぢ)苦い顏して我をジロ〳〵見ながら。年は大凡二十七八、何處の者とも分らず、色目も見えぬほど汚れ垢付たる襤褸(ぼろ)を纏ひ破れ笠を負ひ掛け足には履物もなく竹の杖によわ〳〵とすがり、談(はな)すさへ忌はしきありさま總身の色黑赤く、處々に紫がゝりて怪しく光りあり、手足の指生姜の根のやうに屈(かゞ)みて筋もなきまで膨れ、殊更左の足の指は僅に三本だけ殘り其一本の太さ常の人の二本ぶりありて其續きむつくりと甲までふくだみ、右の足は拇指の失せし痕かすかに見え、右の手の小指骨もなき如く柔らかさうに縮みながら水を持つて氣味あしく大きなる蠶(かひこ)のやうなり、左の手は指あらかた落ちて拳頭(こぶし)づんぐりと丸く、顏は愈々恐ろしく銅(あかゞね)の獅子半ば熔(と)ろけたるに似て眉の毛盡く脫け、額一體に凸(たか)く張り出して處々凹(くぼ)みたる穴あり、其穴の所の色は褪めたる紫の上に溝泥(どぶどろ)を薄くなすり付けたるよりまだ〳〵汚なく、黃色を帶びて鼠色に牡蠣の腐りて流るゝ如き膿汁ジク〳〵と溢れ、其膿汁に掩はれぬ所は赤子の舌の如き紅き肉酷らしく露はれ、鼻柱坎(か)け潰(くえ)て其處にも膿汁をしたゝか湛(たゝ)へ、上唇とろけ去りて粗(まばら)なる齒の黃ばみたると瘦せ白みたる齒齦(はぐき)と互に照り合ひてすさまじく暴露(あらは)れ、口の右の方段々と爛れ流れたるより頬の半まで引さけて奧齒人を睨まゆる樣に見え透き、髮の毛都(すべ)て亡ければ朱塗の賓頭廬(びんづる)*18幾年か擦り摩(なで)られて減りたる如く妙に光りを放ち、今にも潰(つひ)え破れんとする熟柿の如く艷やかなるそれさへ見るにいぶせきに右の眼腐り捨(すた)りて是にも膿汁尙乾かず、左の眼の下瞼まくれて血の筋あり〳〵と紅く見ゆる程裏がへり、白眼黃色く灰色に曇り黑眼は薄鳶色にどんよりとして眼球(めだま)なかば飛び出で、人をも神をも佛をも逆目に睨む瞳子(ひとみ)急には動かさず、時々ホツと吐く息に滿腔の毒を吐くかと覺えて犬も鳥も逃避ける、況(まし)て人間は一目見るより胸あしくなり、其あしき臭を飯食ふ折に思ひ出しては味噌汁を甘(うま)くは吸ひ得ず、膿汁を思ひ出しては珍重せし鹽辛(しほから)を捨てける。されば誰も彼も握り飯與ふる丈の慈悲もせず其女の爲す儘に任せしに彼呂律(りよりつ)たしかならぬ歌のやうなる者あはれに唸るを聞けば世に捨てられて世を捨てゝ、叱々(しつ〳〵)と覺束なく細々と繰り返しては喘(いきだ)はしく、ハツタと空を睨みて竹杖ふりあげ道傍(みちばた)の石とも云はず樹とも云はず打たゝきては狂ひ廻り、狂ひ躍(はね)ては打たゝき瞋恚(しんい)の炎(ほむら)*19に心を燒き、狂ひ狂ひて行衞(ゆくゑ)しれず。 (をはり)

對髑髏の後に書す

莊子が記せし髑髏(どくろ)は太平樂をぬかせば*20韓湘(かんしやう)が歎ぜし骷髏(ころ)は端唄に歌はれける*21それは可笑きに、小町のしやれかうべは眼の療治を公家樣に賴み*22天狗の骸骨は鼻で奇人の鑑定に逢ひたる*23是も洒落たり、我一夜の伽にせし髑髏はをかしからず洒落ず、無理にをかしく洒落させて不幸者を相手に獨り茶番、とにもかくにも枯骨に向つて劒欛(けんは)*24を撫する嘲りはまぬかれざるべし

*1:李商隠の『錦瑟』にある「藍田日暖玉生煙」を想起させる。

*2:よく分からないが、銀色(別の版に「銀薄」とある)の水引き細工で作ったような薄の形の簪を挿して、伊勢物語の芥川の女のように、初めて見る白玉のような秋露を見て「かれは何ぞ」と問いかけたということかも知れない。

*3:別の版には、「空色縮緬」とある。

*4:薄雪物語。江戸前期の仮名草子。

*5:住吉物語。

*6:命。

*7:女子の髷の前の方にさす簪。後挿、中挿に対していう。

*8:役に立たないことの喩え。

*9:訪問の際は付人を先に立てるのが普通。

*10:茫然として戸惑いながら。

*11:見方を変えて。

*12:陽炎のこと。

*13:すべての方角に無限に存在する世界の全部。

*14:あらゆる事柄を心の要素に還元して考える仏教の基本思想の一つ。心は、前五識(五感覚)と自意識という表面心だけでなく、潜在的自己愛の末那識(まなしき)と深層の阿頼耶識(あらやしき)の八識の相互作用として重層的に捉えられる。

*15:露伴を指す。

*16:不本意にも。

*17:与謝蕪村六十二歳の作『澱河歌(でんがか)』の引用。「君は水上の梅のごとし花、水に浮(うかん)で去(さる)こと急(すみや)カ也、妾(せふ)は江頭の柳のごとし影、水に沈(しづん)でしたがふことあたはず」

*18:釈迦の弟子、賓頭盧尊(びんづるそん)。通称「おびんづる様」と呼ばれ、堂の前に置かれている 「なで仏」として、病んでいる頭などの部位をなでれば除病の功徳があるとされる。

*19:燃え上がる炎のような激しい怒り・憎しみ、または恨み。

*20:『荘子』至楽篇第十八。

*21:清代の『新鐫韓湘子度文公嘆骷髏傳』雙紅堂文庫全文影像資料庫

*22:鴨長明『無名抄』などにある小町髑髏伝説。「秋風の吹くにつけてもあなめ/\」

*23:平賀源内『天狗髑髏鑒定縁起』

*24:刀のつか。