ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

陥没地帯 (58)

泉の森の水辺にミゾソバ (溝蕎麦) の花が咲き始めている。葉っぱの形からウシノヒタイとも呼ばれる。蕾のときは金平糖のようだ。
f:id:noriharu-katakura:20200928205834j:plain

同じく泉の森でノササゲの花が咲いているのを見つけた。実の形は莢隠元みたいだが、熟すと紫色になる。
f:id:noriharu-katakura:20200928205839j:plain

シソ科のエゴマ (荏胡麻)。縄文時代から栽培されていたそうだ。こういう風に花柄がない小花が下から上に咲いていく花のつき方を穂状 (すいじょう) 花序というらしい。花柄がある方が、総状花序だった (下にいくほど花柄が長くなることが多い)。
f:id:noriharu-katakura:20200928205843j:plain