ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

気晴らし (6)

クロマツの不思議な花。もとのところにもこもこついている黄色いのが雄花で、最初の写真の先端に三つついている赤っぽいのが雌花である。

小さな公園にあるケヤキの木。この木が自宅から一番近くにあるケヤキの木である。若葉は木全体に満遍なく出てくるのではなく局所的に特定の枝からではじめる。

ケヤキの葉の縁のギザギザ (鋸歯) は独特な曲線を描くのですぐに他の木と区別がつくし、ところどころ剥げる樹皮によっても簡単に識別できる。

別の小さな公園——というより小さな空き地——の花が終わったコブシの木のウロにキクラゲ (木耳) らしきものが生えている。

キクモモの花。花桃の一種である。

サクラはいろんな種類がありすぎてよく識別できない。しかし、個人的には葉っぱと花が同時にある桜が好きである。これはオオシマザクラ?

これはヤマザクラ系?

ヤエザクラ (里桜)、関山?

ヤエザクラ (里桜) だが種類が違う。

カリンの若い実。

公園のクスノキ。この時期、新緑が鮮やかである。

モクレンの花。