ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。


おまえは歌うな
 
おまえは赤ままの花やとんぼの羽根を歌うな

風のささやきや女の髪の毛の匂いを歌うな

すべてのひよわなもの

すべてのうそうそとしたもの

すべてのものうげなものを撥(はじ)き去れ

すべての風情を擯席(ひんせき)せよ
 
もっぱら正直のところを
 
腹の足しになるところを
 
胸さきに突きあげてくるぎりぎりのところを歌え

たたかれることによって弾ねかえる歌を

恥辱の底から勇気を汲みくる歌を

それらの歌々を

咽喉(のど)をふくらまして厳しい韻律に歌いあげよ

それらの歌々を

行く行く人びとの胸郭にたたきこめ


中野重治の有名な詩『歌』だが、この詩が傑作かそうでないかは置いておくとして、素直に中野重治自身が書いた『農村児童の綴方について』(1937) にある一節がこの詩にもっとも関係していると思う。詩の前半の「歌うな」の方の印象が圧倒的に強烈なので誤解を生むこともあったのだろう。下の散文はその点、意味するところは平明である。

特にこの種の子供の詩についていえることだが、彼らの苦しい生活を歌った詩にはいわば歌がない。歌が非常に希薄だ。くりかえしていうが、歌がないというのは鳩や小鳥を歌えということではない。苦痛がそれへの反駁をとおして歌われてほしいし、歌われなければならぬということだ。綴方教育の仕事についている人びとが、自分たちの現実生活における敗北感を、これらの子供たちの感傷的な詩によって慰められることは許されない。ましてそういうふうに子供たちの文学を育てることは絶対に許されぬと思う。

なお、この文章には『梨の花』に出てくる中学校の入学試験の算術で「株」についての生きた知識がなかったために、「二株半」と回答してしまった中野のエピソードも登場している (半株など実際にはありえないということ)。

中野重治詩集 (1978年) (岩波文庫)

中野重治詩集 (1978年) (岩波文庫)

  • 作者:中野 重治
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 1978/12
  • メディア: 文庫
中野重治全集〈第11巻〉 (1979年)

中野重治全集〈第11巻〉 (1979年)

  • 作者:中野 重治
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 1979/02
  • メディア: