ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

Hurt

それほどメジャーとは言えないだろう、イタリア系アメリカ人である女性歌手ティミ・ユーロー (Timi Yuro) の黒人歌手のようにソウルフルな 60 年代初期の曲、『涙が頬をぬらすとき』(1962, What’s a Matter Baby) とか デビュー曲である『涙の想い出』(1961, Hurt) とかが、当時、日本語のタイトルで米国発売とほとんど時差なくレコード販売されていて、その曲をまだ学生アマチュアバンドをやっていた吉田拓郎が英語でカバーするのを聞いたり、当時ラジオで耳にしてレコードを買うために店に駆けつけたとかいう人の話に触れたりすると、インターネットの ”anytime, anywhere” というのは「抽象」だと考えざるをえないほど、アメリカ合衆国と日本の間の文化的距離はどんどん離れていっているんだということがわかる。

 

1957:

Roy Hamilton:

1961:

Timi Yuro:

1967:

Fausto Leali:

1971:

Vikki Carr:

1976:

Elvis Presley:

 

I'm so hurt
To think that you …you lied to me
I'm hurt
Way down deep inside of me
You said your love was true
And we'd never … never ever part
Now you want someone new
And it breaks my heart

I'm so hurt
Much more, oh, than you'll ever know
Yes Darling, I'm so hurt
Because I still love you so
But... but, even... even though you hurt me
Like nobody else could ever do
I would never ever hurt... hurt you

 

※ 以下は、ティミ・ユーローの初期の曲をいくつか紹介する。

 

1961:

Hurt:

Smile:

I Apologize:

Just Say I Love Him:

I Believe:

She Really Loves You:

Cry:

Trying:

1962:

What’s a Matter Baby:

My Prayer:

You Belong to My Heart:

Fever:

Only Love Me:

The Love of a Boy:

1963:

Make the World Go Away:

Insult to Injury:

If I Never Get to Love You:

A Legend in My Time:

Look Down:

Permanently Lonely:

Are You Sure:

She’s Got You:

I Just Got Back From There: