ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

寝ても覚めても

『寝ても覚めても』は映画館に行ったけれども、公開中だから何も書かない。代わりに昨日の記事を補足すると『めまい』(1958) ではキム・ノヴァクが前半ではマデリンを演じ、後半はジュディを演じてその二人が実は同一人物であったという、よくある話のようにも思えるが、ヒッチコックの演出はやっぱり凄いなあと以前見直したときにつくづく思ったことがある。下の写真が前半のマデリンを演じているキム・ノヴァクで昨日も触れたようにホクロはない。

f:id:noriharu-katakura:20190731144339j:image

 

次の写真は後半のジュディで左頰にホクロがある。

f:id:noriharu-katakura:20190731145547j:image

 

ジェームズ・スチュアートは、いわばジュディをマデリンへと変貌させるための作業をしていくわけであるが、その一環として、グレーのスーツを店で求めるシーンがある。下の写真はそのときのショットであるが、ここのショットが好きである。ここでのジュディは、再びマデリンへと戻っていく遷移過程にあるわけだが、鏡像であるジュディは、左右が逆転し、左の頬にはホクロがないのである。つまり鏡の像はマデリンであり、ここはジュディとマデリンが同時に共存しているのである。

f:id:noriharu-katakura:20190731145914j:image

 

そうやって見ていくとオープニングの有名なシーンであるキム・ノヴァクの顏の大写しは化粧さえしておらず、それはジュディでもマデリンでもない「零度」の顔なのである。しかもその顔は断片化されている。

f:id:noriharu-katakura:20190731150152j:image

f:id:noriharu-katakura:20190731150446j:image

 

ついでにジョン・フォード監督の『俺は善人だ』(1935) のエドワード・G・ロビンソンの一人二役のシーン。下の写真では、左の「ジョーンズ」から、右の「マニオン」に夕刊が受け渡されているわけだが、もちろん同一人物(エドワード・G・ロビンソン)が別々に演じたものを合成したシーンであるから、手前のランプで二人の手を同時に映すことを隠蔽しているわけである。

f:id:noriharu-katakura:20190731150632j:image

 

めまい (字幕版)

めまい (字幕版)

 
俺は善人だ [DVD]

俺は善人だ [DVD]