ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

Twilight Time

日本に帰ってくると暑いのなんのって。バングラデシュの方がましだった。まるで『寝ても覚めても』の公開日にあわせて帰ってきたようだけど、それは違うぞ。見る前に余計なものは読まないようにしているが、東出昌大が一人二役らしい。ヒッチコックの『めまい』(後半のジュディは左頰にホクロがある) とかホークス/ワイラーの『大自然の凱歌』(前半のフランシス・ファーマーは左眼の下にホクロがある) とかがそうだけど、1935 年のジョン・フォード監督の『俺は善人だ』(The Whole Town's Talking) でエドワード・G・ロビンソンが、鉄鋼会社の8年間無遅刻無欠勤だったという律儀なサラリーマン(「ジョーンズ」)と「民衆の敵」であるギャングのボス(「マニオン」)という対照的なキャラクターでありながら、外見は瓜二つという役柄を演じたコメディをなぜか思い出した。外見は瓜二つの二人が、初めて出会うのは「ジョーンズ」のアパートの自室である。酒に酔って帰宅した「ジョーンズ」が、二人の間にあるランプを点けたときに、部屋の暗がりの中に「マニオン」の姿が浮かび上がる。

 

※ 歌詞は The Platters にある。

1944:

The Three Suns:

Les Brown:

1945:

Teddy Walters w/ Jimmy Dorsey:

1958:

The Platters:

 

めまい [Blu-ray]

めまい [Blu-ray]

 
大自然の凱歌 [DVD]

大自然の凱歌 [DVD]

 
俺は善人だ [DVD]

俺は善人だ [DVD]