Oh! Carol

発売されたばかりの『群像』の8月号に筒井康隆と蓮實重彦の対談「同時代の大江健三郎」を読んでいたら、ニール・セダカの “Oh, Carol” が出てきて、今日は当然これでしょう。1959 年の曲である。

 

 

歌詞はつけるまでもないと思うけども載せておく。

 

Oh! Carol
I am but a fool
Darling, I love you
Though you treat me cruel
You hurt me
And you make me cry
But if you leave me
I will surely die

Darling, there will never be another
Cause I love you so
Don't ever leave me
Say you'll never go

I will always want you for my sweet heart
No matter what you do
Oh! Carol
I'm so in love with you

Oh! Carol
I am but a fool
Darling, I love you
Though you treat me cruel
You hurt me
And you make me cry
But if you leave me
I will surely die

Darling, there will never be another
Cause I love you so
Don't ever leave me
Say you'll never go

I will always want you for my sweet heart
No matter what you do
Oh! Carol
I'm so in love with you

 

 

リズムセクションが違うでしょうと言って、1957 年のポール・アンカの “Diana” も引き合いに出している。

 

 

※ Oh! Carol のタイトルは、セダカが高校時代に Carole King とデートした思い出からきている。Carole King はその返歌として Oh! Neil を歌った。