ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

Rosetta (それと “Busy Line”)

f:id:noriharu-katakura:20180607101846j:image

 

これも Legrand Jazz から。Earl Hines が 1933 年に作った曲だが、当時の録音は YouTube では見つけられなかった。Hines による 1934 年の演奏はあるが Teddy Wilson の同年の録音の方が、数カ月ではあるもののより古い。

Count Basie 楽団や The Nat King Cole Trio などの演奏の合間にピアノを弾きながら、girlish が「わび」「さび」の境地に達したような魅力的な歌声を披露していた Rose Murphy が登場したので、“The Chee Chee Girl” と呼ばれた彼女の愛らしい代表曲のひとつ、 “Busy Line” (1949) を聴く。上の Marian McPartland と並んでいる写真は、NPR の ラジオ・プログラム、Piano Jazz に出演したときのものである (1988 年秋、75 歳のとき)。

携帯電話しか知らないと、この曲のコノテーションが将来伝わらなくなるかも。もっともフィンガー 5 は言うに及ばず、宇多田ヒカルの ”Automatic” についてすら、それは言えるかもしれない。

歌詞も最初の部分だけつけておこう。蛇足ながら、Got one’s number というのは、「正体がわかった」「心の底がわかった」という意味もある。また、いままでの曲にもあったけど女性が男性に Baby を使うのは少なくともこの当時は普通である。心配でジャマイカの彼の叔父さんにも電話したし、行きつけのベーカリーにすらメッセージを残したし、電話帳で番号も確認したと言っている。

I put a nickel in the telephone, dialled my baby's number
Got a brrr, brrr, brrr, brrr, busy line
Each time I tried I got a busy tone
Not my baby's number
Just a brrr, brrr, brrr, brrr, busy line

Called his uncle in Jamaica
Left a message with the baker
Even checked the number in the telephone book
Got so awfully, awfully worried
To my baby's house I hurried
When I looked inside, the phone was off the hook

And as I walked up to my baby - then
I got my baby's number
He was busy in the parlour doing fine
Busy kissing someone else
While I was keeping busy
Getting a brrr, brrr, brrr, brrr, busy line

彼女が “The Chee Chee Girl” と呼ばれたわけは、次の曲を聴くと自然に了解されることである。

※ 参考:1979年8月9日付の The NY Times に彼女の記事がある。この曲は彼女の最初のレコーディングで 200 万枚売れたとある。また、パーカッションは彼女が自分の右足で床に敷いた板を踏んでいるともある。

Rose Murphy's Back With That Old Chee‐Chee - The New York Times
 

1934:

Teddy Wilson:

Earl Hines:

1935:

Fats Waller and his Rhythm:

Joe Kennedy:

Garnet Clark (Django Reinhardt):

1937:

Benny Goodman:

Frankie Newton and his Orchestra:

1939:

Woody Herman:

Earl Hines:

Nat King Cole:

1943:

Dexter Gordon Quintet:

1944:

Muggsy Spanier:

V-Disk All Stars:

※ Charlie Shavers (tp) Trummy Young (tb) Ernie Caceres (cl) Don Byas (ts) Bill Clifton (p) Herb Ellis (g) Bob Haggart (b) Specs Powell (d)

1944-45:

Anita O’Day w/ the Nat King Cole Trio:

1947:

Frankie Laine:

1948:

Rose Murphy:

1950:

Earl Hines:

1957:

Henrry Red Allen:

※ Henry ''Red'' Allen (tp,vcl) Rex Stewart (cnt) Vic Dickenson (tb) Pee Wee Russell (cl) Coleman Hawkins (ts) Nat Pierce (p) Danny Barker (g) Milt Hinton (b) Jo Jones (d)