ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

A Night in Tunisia (Interlude)

これも Legrand Jazz から。Dizzy Gillespie が 1941 年から 1942 年あたりに作った (太平洋戦争が始まるのはもちろん、日本時間で 1941年 12 月 8 日である) 曲だが、この時期はレコード(SP 盤) の原材料である天然樹脂シェラックが不足してレコード会社は操業短縮に追い込まれている上、1942 年 8 月 1 日には米国音楽家連盟 AFM (American Federation of Musicians) が印税の支払いを巡ってレコード会社に対する大規模なストライキに突入した。これによりレコード会社はレコードの新規吹込みがまったくできない状態となった。デッカが最初にAFMと和解したのだが、それでもスト開始から1年半ほどが経過している。ビクターとコロムビアにいたっては和解まで 27 ヶ月を要した。ビ・バップの黎明期にあたる重要な時期は、このような事情で録音(レコード)が残っていないので良く分からないことが多いのである。なお、この曲は当初は Interlude と呼ばれていた。1958 年の Anita O’Day の録音でさえ Interlude となっており、かなり長い間、二つのタイトルが混在している。

 

あまりに有名な曲なので、全部の演奏をリストアップできるわけがなく、ごく基本的なものに留めた。

 

1944:

Sarah Vaughan w/ Dizzy Gillespie and his Orchestra:

Boyd Raeburn and his Orchestra:

1945:

Boyd Raeburn and his Orchestra:

Dizzy Gillespie and Charlie Parker:

1946:

Charlie Parker Septet:

※  Charlie Parker (as), Lucky Thompson (ts), Miles Davis (tp), Arvin Garrison (guitar), Dodo Marmarosa (p), Vic McMillan (b), Roy Porter (d)

※ このセッションのファースト・テイクで、バードのアルトがブレイクする超絶的演奏部分は “Famous Alto Break” と称されており、そこだけが特別に切り出されている。

//

Lennie Tristano Trio:

Dizzy Gillespie Orchestra:

※ Dizzy Gillespie (tp), Don Byas (ts), Milt Jackson (vib), Al Haig (p), Bill De Arrango (g), Ray Brown (sb), J.C. Heard (dm)

1947:

Charlie Parker With The Dizzy Gillespie Quintet:

※ Dizzy Gillespie (tp) Charlie Parker (as) John Lewis (p) Al McKibbon (b) Joe Harris (d)

1952:

Teddy Charles:

1953:

Charlie Parker & Dizzy Gillespie:

※ Dizzy Gillespie (tp), Charlie Parker (as), Bud Powell (p), Charles Mingus (sb), Max Roach (dm)

1954:

Art Blakey:

※ Clifford Brown (tp), Lou Donaldson (as), Horace Silver (p), Curley Russell (sb), Art Blakey (dm)
※ Birdland でのライブ

1955:

Miles Davis:

※ Miles Davis (tr), Red Garland (p), Oscar Pettiford (b), Philly Joe Jones (d)

1956:

Hamton Hawes Trio:

※ 2:04:50 あたり (最後から 2 番目の曲)

1957:

Dizzy Gillespie Orchestra:

※ Dizzy Gillespie (tp, vo), Lee Morgan, Ermit V. Perry, Carl Warwick, Talib Ahmad Tawud (tp), Melba Liston, Al Grey, Ray Connors (tb), Jimmy Powell, Ernie Henry (as), Billy Mitchell, Benny Golson (ts), Pee Wee Moore (bar), Wynton Kelly (p), Paul West (sb), Charlie Persip (dm)

1958:

Art Blakey:

※ 42:50 あたり。ts は Benny Golson 。

Anita O’Day:

1960:

Art Blakey:

※ Art Blakey, Kenny Clarke(d), Wayne Shorter (ts), Lee Morgan (tr), Jymie Merritt (b), Bobby Timmons (p)