ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

Things Ain’t What They Used to Be

バングラデシュに行くには直行便がないので、シンガポールのチャンギ国際空港で次の便を待ちながら、Duke Ellington と Ray Brown が、24歳の誕生日も迎えないうちに亡くなってしまったベーシスト、ジミー・ブラントンに捧げた 1971 年のアルバム “This One’s for Blanton” を聞いていた。

 

Do Nothing Till You Hear From Me:

 

ちょうど、“Things Ain’t What They Used to Be” を聞いているとき、モニターに東日本大震災の追悼式の様子を示すニュースに流れた。