ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

ミミー宮島 お祖父さんの時計

f:id:noriharu-katakura:20180203225830j:image

 

1952 年に来日した初めての有名ジャズマンとして知られるジーン・クルーパであるが、ハワード・ホークス監督の『教授と美女』(Ball of Fire, 1941) で演じられたパフォーマンスは忘れがたい。

 

 

※ ちなみにバーバラ・スタンウイックの歌の吹き替えは、ベニー・グッドマン楽団の歌手だったマーサ・ティルトンである!

 

ジーン・クルーパ楽団の 1938 年の演奏に ”Grandfather’s Clock” がある。

 

 

一方、下の YouTube は1940年もので、仁木他喜雄編曲でコロムビア・ジャズ・バンドが演奏している。

 

 

もしかしたら本家のドラムよりも上手いかもしれないその技術の高さは、戦前の日本でここまでアメリカの音楽が吸収されていたという一つの証である。この豊かな下地が戦後における爆発的なジャズの流行を支えたのであろう。

 

 

 

教授と美女 [DVD]

教授と美女 [DVD]