ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

2020-10-18から1日間の記事一覧

陥没地帯 (71)

以前、港町についてつらつら考えたことがあって記事にも書いたことがあるが、『スパイの妻』は神戸が舞台で、そのことは前作がウズベキスタンであったのと同じくらい、この作品の内容と関係しているなあと思っている。 カラスウリ。寺田寅彦が昭和七年 (1932…