ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

2020-02-12から1日間の記事一覧

梨の花 (2)

志賀直哉の『暗夜行路』にある「サモア」と「アルマ」の無償の運動にはやや劣ると思うが、中野重治の『梨の花』の冒頭にある広告看板を主題連携させるところは面白い。小学生になった良平が、町の高瀬屋(酒屋であることが後の文章からわかる)から一升徳利を…