ノリの悪い日記

古今東西の映画、ポピュラー音楽、その他をいまここに交錯させながら随想します。

2018-01-29から1日間の記事一覧

灰田勝彦

『想いでの罌粟(けし)』は、よい曲だなぁ。 『君を慕いて』 『わが夢わが歌』 ※ 服部良一の『東京の屋根の下』はYouTubeには、よいクリップがないので、ニコニコ動画を参照。 『鈴懸の径』はもちろん、灰田勝彦の1942年の曲であるが、1957年に鈴木章治とリズ…